【第31回】館林市に冒険遊び場を創りたい ~遊び場を通して感じること 10~

シェアする

誰もが安心して、自分らしくいられる地域へ
館林市に冒険遊び場を創りたい

~活動を通して感じること 10

みなさま、こんにちは。
プレーリーダー(PL)のまっきーです。

アンブレラスカイ
暑い夏空に映える空のアート。

館林市役所地内「城町食堂」のシェフが考案した企画です。
「新型コロナウイルスの影響で閉塞感が漂っている。顔を上げると気分も前向きになるので、多くの人に見て、楽しんでほしい」
シェフの想いです。
8月末までの企画らしいので、残りわずかですがよかったらランチがてら見に来てはいかがでしょうか^^

あいずプレーパーク開催報告

さてさて、ここから私たちあいずの報告♬
8月9日(日)にあいずプレーパークを開催しました!

暑い館林でしたが13組の親子がとにかく思い切り遊び込んでいましたよー!
会場の様子はこちら↓

乳幼児親子の来場が多かった今回のプレーパーク。
ゆびえのぐにみんな夢中でした^^

手、全体はもちろんのこと、顔まで絵の具でいっぱいに塗る子もいて、
はじける子どもたちの笑顔とワクワク感!!!

FacebookページHPでも会場の様子を見られますので、よかったらご覧ください♪

活動を通して感じること 10

さて、「現場で聞いた声」や「それを聞いて感じたこと」の10回目。
※第1回目から第9回目をお読みでない方は、併せてごらんいただければ嬉しいです♪

第1回目:「親になってわかった子育てのイレギュラー
第2回目:「子どもの力を信じることの大切さ
第3回目:「自由と自分勝手の違い
第4回目:「相手の日常に寄り添うことからの共感
第5回目:「外で遊ぶことの大切さ
第6回目:「プラスの行動はプラスを呼ぶ
第7回目:「学校再開後の子ども達への関わりについて
第8回目:「義務教育について
第9回目:「コロナ禍におけるご家庭の現状について

第10回目は「遊びにおける関係性
私たちあいずはお陰様でプレーパークを月に1回~2回のイベント的に開催できるようになりました。
開催に携わる関係者、関係機関の皆様には心より感謝申し上げます。

さて、そこでよく見られるのが
「大人も子どもも本気で遊んでいる」
という風景。

子ども達と遊ぶというスタンスは普段の公園や児童館などでも見られる風景かと思いますが、
プレーパークでは大人が本気で遊んでいます。

しゃぼん玉、木工作、水遊び、絵の具遊び、ダンボール遊びなどなど
プレーパーク内では子ども達が自ら遊ぶのはもちろん、大人も同様に“自ら”遊んでいます。
そこでたまたま波長が合えば、一緒になって泥だらけになったり、水合戦をしたりして遊びますが、基本的に主は自分。

その対等の心持ちから生まれる「ななめの関係」が、グッと子どもにも大人にも印象に残り、
遊び場という空間を介して人と人のつながりが生まれます。

そして、そのつながりはつながりを呼んで、縁を紡ぐ。

親でも先生でもない、上下ではない「なな」の関係。

時には昔遊びで
「それはこうやって巻いてね、こう回すんだよ」
なんてコマ初心者の大人が小学生の子ども達に教わることもしばしば。

現代の私たちの世代は学童クラブに通わない限り、なかなかコマ、ベーゴマ、けん玉などには親しみませんからね~。
いわゆる「昔遊び」は多世代交流の遊びに最適です♪
誰もが素直に遊び心が湧いてきます^^

あいずではコマ名人も来ているので、やったことがない人もその日のうちに回せてしまうんです。
まずはコマを回すというところからできたら感動!!
※コマ名人の安村さんのFBページもぜひご覧ください!すごすぎます!

遊びの世界では大人も子どもも関係ありませんね(*´ω`*)

そこには人と比べる「評価」がなく
自分が「やりたい」かどうか、「できた」かどうか。
評価基準があるとすればすべて自分軸。
そして、その出来たことを認める仲間が自然と生まれるからだろうなとこの仕事をしていて感じています。

評価社会で過ごすのになんだか疲れてきたなー。
そんなときには「遊びの世界」に一度足を運んで、氣持ちをリセットしてもいいかもしれません♪
保護者の皆さんも、見守ることもとっても大事ですが、時には自分の好きなことで遊んじゃってもいいかも。
プレーパークは、「みんなの子をみんなで見守る雰囲気」で自然とつつまれるので(´―`)

こんなプレーパークの情報は「NPO法人日本冒険遊び場づくり協会」にまとまっているので、興味のあるかたはご覧ください。子どもたちのイキイキした表情であふれていますよー(*´▽`*)

今回のお話は以上です。お付き合いいただきありがとうございました。

まだまだ暑い日が続きます。
どうか皆様、熱中症等にお体には十分氣をつけて、この夏をワクワクしながら乗り切りましょー!!

まっきーもしっかり食べて栄養取りまーす!

あいずからのお知らせ

今後の予定

時系列でお伝えします

  1. 9月13日(日) 10:00~15:00
    あいずプレーパーク(どなたでも参加できます)
    (場所)つつじが岡公園 四季の広場(ふれあい橋を体育館側から渡ってすぐ)
    館林市で7月から開催しているプレーパーク。
    まだまだ暑い!水遊びで楽しんじゃおう!
    熱中症、虫よけ対策は各自でもお願いいたします。
  2. 9月15日(火) 10:00~13:00
    にじいろひろば(乳幼児親子対象のプレーパーク)
    (場所)つつじが岡公園 大芝生広場
    芝生の上、木陰の下、ゆるりと集まって、遊びながらほっとした時間を過ごしませんか?

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、「あいずからお願い」もご一読の上ご来場ください。

進捗は、適宜更新しているFacebookページをご覧ください。
今後ともよろしくお願いいたします。

あいずのミッションとビジョン

あいずのミッション(使命)

  • 『誰もが安心して、自分らしくいられる社会の創生』

ビジョン(将来像)

  • 『3つのあい(eye、I、愛)』
  • Eye: 地域で地域の子ども達を見守る社会の実現
  • I:誰もが持ってる「個性」が伸びる社会の実現
  • 愛:自分を認め、相手を認め、誰もが互いを尊重しあえる「愛」あふれる社会の実現

会員募集中!

あいずでは、遊びを通した、誰もが自分らしくいられる社会をつくっていく仲間を募集しています。一緒に活動しませんか?
ご連絡をお待ちしております!

  • 正会員(運営を担ったり、現場スタッフとして動く会員) 3,000円/年
  • 賛助会員(資金面で活動を支える会員)個人2,000円/年  法人3,000円/年(一口)

※2020年8月1日現在 正会員7名 賛助会員(個人)21名 賛助会員(法人)1社

お問合せは電話、メール、もしくはFacebookメッセンジャーにて受け付けます。

ボランティアスタッフも募集中ですので、関心のある方は一度ご連絡を(*´▽`*)

寄付のお願い

今年度から毎月の活動となり、消耗品の消費が激しくなります。
限られた予算の中、子ども達がのびのびと遊べる環境を創るべく、遊び道具を準備しておりますが、足らなくなることもあるかもしれません。

なので、もし家で眠っている以下の品物がございましたらご寄付いただけると大変助かります!
以下のメールアドレスかFacebookページにご連絡いただけるとありがたいです^^

よろしくお願いいたします。

☆消耗が激しい必要な遊び道具☆

  • 絵の具(一番助かる!)、クレヨン、うちわ、筆、刷毛、手指アルコール消毒液 など

あ い ず

~遊びから社会を変える!つながりを創る!~

代表 牧田 康平

TEL:080-1139-4675(代表 牧田)

Email:i.eye.lovers@gmail.com

HP:https://i-eye-lovers.blogspot.com/

Facebookページ:あいず

バックナンバーは以下のリンクからご覧ください。

『誰もが安心して、自分らしくいられる地域へ 館林市に冒険遊び場を創りたい』投稿一覧

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で館林くらしをフォローしよう!