【あいず】まっきーの冒険遊び場通信 【第2回】

シェアする

まっきーの冒険遊び場通信2回目です。

1回目はこちら

【あいず】まっきーの冒険遊び場通信 【第1回】
一昨年まで「館林市に冒険遊び場を創りたい」を投稿してくれていた「あいず」のまっきーが帰ってきました! 「館林市に冒険遊び場を創...

「子どもと遊びと“心”」について

誰に教わるでもなく自然と遊ぶ子どもたち。

不思議だなと思うのです。

特に2,3,4歳の時はぐんぐん成長して、見える景色も感じることもどんどん変わっていく。
そのようにして、見て、聴いて、感じたこと一つ一つが子どもたちにとっては「未知との出会い」で「新たな発見」につながりながら感覚神経もどんどん伸びていきます♪
※神経系の発達:「スキャモンの成長曲線」

そして、「やってみたい!」「おもしろそう!」そんな気持ちが芽生えた時、子どもたちはワクワクしながらそれをやってみて、自分に合えば夢中になって遊ぶし、自分に合わなければすぐやめて次のことへ。
そうやって子どもたちはいろんなモノ・コトに触れて、そして人ともかかわりながら自分の“好き”を見つけていきます。

幼稚園時の時は、
毎日のように紙飛行機を折ってはどこまで飛ぶか競争したり、
隣接する保育園や小学校に侵入してはそこの遊具で遊んだり、
避難訓練用のすべり台に飽きるまで駆け上っては滑り降りることを繰り返していました。

小学校では一輪車のブームに乗っかって、自分のお気に入り一輪車を取り合いになるほど遊んだり、ブランコに乗っては靴飛ばし。
“ローラーブレード”が自分の中でヒットして、風を切る感覚が面白すぎて、毎日のようにそれをはいては公園へ。転んで大けがして帰ったこともありました。
学校からの帰り道、カナヘビを探しながら空き地を散策したのもワクワクしました。

侵入(脱走)、避難訓練用のすべり台で遊ぶ、帰り道は寄り道を…。
今なら悪ガキ認定かもしれませんね(その時もそうか(笑 )。

ちょうどスーパーファミコン、任天堂64も出た時期で、ゲームっ子でもありました。その時は、いとこ同士、一つのテレビ画面を共有して同じ場を過ごしていました。

いずれにしても、ひとつひとつ、やってみたい!から始まった経験は常に心と身体にしみついていて、“心”は最高に満たされてて、1日を終えていたように思います。

今、移動式遊び場として、車に遊び道具を積んでいろんな所へ遊び道具を持っていきます。
そこで何を遊ぶのも子どもたちの自由。決まりはありません。
そういった遊び場で子どもたちによく聞かれます。

「何して遊んでいいの?」「今は何する時間?」

そんな時は、こう質問します。
「今、何して遊びたい?」
その後、自分が中心となった子どもたちの目に力が入る瞬間に何とも言えないパワーが宿るのを感じるのです。

『心ゆくまで遊ぶ』

穴を掘ったり、モンキーロープでひたすら綱渡りやトランポリンのようにして遊んだり、タイヤブランコで揺れたり、絵の具で自己表現をしたり、見たこともない虫を見つけて興奮したり、、、。
そんなワクワクを思う存分楽しんだ後は、車の中ですぐにぐっすり寝たり、学校に行き渋っていた子どもたちがその翌日から学校に行くなどの行動の変化につながっています。

遊びの根本には「楽しい」「ワクワク」があり、そこから得られる体験は一生もの。
心の元気タンクが満タンになって終わる1日は明日の活力にもつながっています。

そんな子どもたちがワクワクして遊んでいることには理由がある。

次回「遊びと感覚の育ち」でそんな話をしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

【お願い】

お読みになった感想・ご意見をよろしければお寄せください!
送り先は牧田のSNS(FacebookInstagram)にDMにてお願いいたします。

牧田 康平(まっきー)

☆遊び場情報☆

◆あいずの遊び場(雨天中止)

(雨天中止)詳しくはSNS(InstagramFacebookにて)

①あいずプレーパーク@四季の広場

開催日
毎月第2日曜日 10時~15時(6月12日)
毎月第4日曜日 10時~15時(6月26日)

内容
子どもから大人まで誰でも参加OK!
土、砂、水、ロープ、ダンボールなどなど
つくって壊せる、自分のやってみたい!を表現できる道具であふれている遊び場です♪
今月から、第4日曜日も15時までとなりました!

②にじいろひろば@陽だまりの広場

開催日
毎月第3火曜日 10時~13時(6月21日)

内容
乳幼児親子対象の外遊び事業
乳幼児期だからこそ大切な外遊び。
親子のお外時間にちょっとプラス。みんなでお子様を見守りましょう。

③移動式遊び場(プレーカー)事業

①、②に加え、公園、路地裏、マルシェ、学童、施設などへの遊びの出前もしております。

出張範囲は「北関東3県+埼玉」。詳しくはお問合せください。

※遊び場のボランティアスタッフも募集しています!
子どもたちが自由に遊び、心の原動力となる場づくりを一緒にしていきませんか?

◆館林市の多様な学び場・安心の場

①まなビバ!シリウス 様

②モンテッソーリ子どものいえ 様

③あかるい未来ネット 様

④よかよか学院 様

◆館林近郊の安心の場

①子どもの居場所OZ

②アンシャ

③古河ころりんプレーパーク

シェアする

ブログをメールで購読

メールアドレスを登録すると、新着記事が公開されたときにメールでお知らせします。