【コロナに負けない】フードドライブに協力しよう!

シェアする

昨日、いただきもののお菓子類で食べきれないものがあったので、高根町のフードバンク北関東に届けてきました。

そこで、担当の方とお話をしたのですが、今年は新型コロナウイルスの影響で、フードバンクを利用している方が急増していて、食糧が倍くらい必要になっているようです。

お菓子類は、企業からかなりの量の提供があるので足りているようですが、やっぱりおかずになるもの、それにお米が不足しています。

こうした状況で、館林市も今年からフードバンクへの協力事業として、フードドライブ活動を行っています。

フードドライブとは、家庭で余っている食品を、地域や学校・職場などに持ち寄り、それらをまとめてフードバンクに寄付する活動です。

フードバンク活動の中で、フードドライブは食品の寄付をしてくださる個人・農家の方とフードバンクを取り持つ活動と言えます。

館林市が取り組むフードドライブ

館林市で行っているフードドライブはこども福祉課が受け入れ窓口になっています。

こども福祉課に食品を持ってきてくだされば、フードバンク北関東に届きます。

届いた食品は、それを必要とする方へ配布されます。

こども福祉課は館林市役所1F一番奥にあります。

フードバンクで必要としている食品

保管の都合や衛生面の問題もあるので、食べ物ならなんでもというわけにはいきません。

フードバンク北関東では以下の食品の寄付を求めています。

  • 穀類(お米・麺類・小麦)
  • 保存食品(缶詰・瓶詰)
  • インスタント食品(ラーメン)
  • レトルト食品(カレー・スープ)
  • 飲料(ジュース・コーヒー・お茶)
  • ギフトパック(お歳暮・お中元)
  • 乾物(のり・わかめ・きのこ)
  • 調味料各種(醤油・砂糖・だし)
  • 食用油(ゴマ油・オリーブ油)

基本的に、ある程度の保存ができるものです。

  • 賞味期限記載の物
    (1ヶ月以上ある物)
  • 常温保存可能な物
  • 未開封な物
  • 破損していない物
  • お米は古過ぎない物

こうしたものを求めています。

判断に迷う場合は、フードバンク北関東にご相談ください。

市役所こども福祉課でフードドライブをやっているので、市役所が開いている時間であればいつでも大丈夫なので、余っている食品がありましたら、ぜひご提供をよろしくおねがいします。

まだ当分経済的にも困難な状況が続くと思われます。こんな時には地域で支え合うことが大事だと思います。

皆様のご協力をよろしくお願いします。

問い合わせなど

NPO法人三松会(フードバンク北関東) 0276-52-8188

館林市こども福祉課子育て支援係 0276-47-5135

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で館林くらしをフォローしよう!

シェアする

ブログをメールで購読

メールアドレスを登録すると、新着記事が公開されたときにメールでお知らせします。