【第7回】館林市に冒険遊び場を創りたい ~コミクルサロン@畑deマルシェの報告~

シェアする

こんにちは。
プレーリーダー(PL)のまっきーです。

衝撃のまっきーの姿(笑)
今回のプレーワークにて全身泥人間になりました!(≧▽≦)
今回はそんなどろんこ遊びの報告をいたします。

9月5日(水)コミクル「畑deマルシェ」

館林市にて無農薬、無化学肥料の農業を営むイイヅカ農園さんの畑をお借りして「どろんこ遊び」を実施しました。(5組14名の参加)

※畑deマルシェの報告はこちら

【報告】9/5 コミクル 畑でマルシェinイイヅカ農園

当日未明までの嵐でどうなるかと思いましたが、当日は晴れ!
現場の様子はご覧の通りです。

畑なのに水たまりがあります!?
土というより、完全に「泥」で遊ぶイメージだなーと、踏み込めば20~30㎝沈むコンディションにテンションが上がる僕^^
お着換えスペース、泥落としのジャグも完備して、準備完了です♪

午前中は1歳~2歳のお子さんが初めての泥遊びをしていました。

泥の感触はどうだろう~。
気持ちいい?それとも気持ちよくない?
快、不快の感覚が育っているお子さん。泣くことはありませんでしたが、ちょっと顔をしかめていましたね。
「なんだこの感触は…。」
そんな心のの声が聞こえてきそうでした。泣きはしなかったから、次第に慣れていけば泥遊びが盛んになるかもしれませんね(*´ω`*)

僕はその様子を見ながらひたすら泥山づくり。

土のうを敷きながら高さを出していきましたよ^^
午前中はゆったりとした時間が流れて、お昼休憩~♪

午後はというと…。
泥合戦に始まり、PL埋め、泥団子づくりなど、大人も子どももどんどん中に入っていきました♪

まださわやかですね。いつから泥だらけになっていくのか…

遊び込みのさなか、泥に夢中の大人の皆さんに埋められました(笑

このあたりから、どんどん泥だらけにみんなでなっていきましたよ♪

最後には全身泥だらけの参加者!

『どろんこになるとは書いてあったけど、ここまで!?』
とびっくりするお母さんも(;^ω^)
「どろんこ遊び」の概念が一つ崩れた瞬間でしたね~。

このようなプレーワークをする機会を与えてくださったコミクル関係者のみなさん本当にありがとうございました!

自然は遊びの宝庫。
これからも自然に沿ったプレーワークを前面に出していければと思っています。

冒険遊び場(プレーパーク)勉強会

さて、今までプレーワークについて活動報告と概念の説明をしてきましたが、プレーパークについて、みんなで考える勉強会をしようと思います。
詳細は次の通り

【冒険遊び場(プレーパーク)勉強会】

  • 日 時:平成30年10月2日(火) 19:00~
  • 場 所:館林市立郷谷公民館(群馬県館林市当郷町218)第1、2学習室(和室)
  • 対 象:子どもの遊びや育つ環境に関心のある方
  • 内 容:冒険遊び場(プレーパーク)について。子どもの遊びについて。
  • 参加費:無料
  • 定 員:30名
  • その他:・当日は飲み物などをお持ちください。
    ・お子様とご一緒でもOKです。

進行役は私、牧田が務めさせていただきます。

館林市に冒険遊び場を創るために、できるだけ多くの皆様と一緒に冒険遊び場について、子どもの日常について話し合いたいなと思っています。
たくさんのご参加を、お待ちしております。

※興味・関心のあるかたは、Facebookページに直接書き込むか、お電話またはメールを僕まで送付してください。

以上、よろしくお願いします。

PL(プレーリーダー) まっきー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で館林くらしをフォローしよう!

スポンサーリンク
rectangleL
rectangleL

シェアする