「ぐんまワンデー世界遺産パス」今年も発売決定!!

シェアする

群馬県内の鉄道会社、JR東日本、上信電鉄、上毛電気鉄道、東武鉄道、わたらせ渓谷鐵道が協力する「ぐんまワンデー世界遺産パス」が去年に引き続き今年も発売されます。

ぐんまワンデー世界遺産パス

JR東日本と、群馬県内の鉄道事業者 4 社が協力し、「ぐんまワンデー世界遺産パス」を今年も 発売開始します。
同パスをご利用いただくことで、世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」やユネスコ世界の記 憶に登録された「上野三 こ うず け さ ん 碑 ぴ 」をはじめ、今夏に開催する「ググっとぐんま観光キャンペーン」で提案 する「水」と「山」と「歴史」をテーマとしたわくわく体験を、群馬県内を中心とした鉄道による旅でお 楽しみいただけます。
群馬県をご旅行の際には、鉄道事業者 5 社がフリーエリアになった「ぐんまワンデー世界遺産 パス」をぜひご利用ください。

引用:JR東日本ニュース 群馬県の鉄道事業者5社がフリーエリアになった「ぐんまワンデー世界遺産パス」を今年も発売します!

対象フリーエリア

群馬県内のJR線(一部埼玉県・栃木県内の駅を含む)、上信電鉄線全線、上毛電気鉄道線全線、群馬県 内の東武鉄道線(一部栃木県内の駅を含む)、群馬県内のわたらせ渓谷鐵道線の普通列車(快速含む)の 普通車自由席が乗り降り自由で利用できます。

新幹線や特急列車については、特急券等を別途購入。 ※わたらせ渓谷鐵道線のトロッコ列車は利用できません。

期間

発売期間 2018年6月 21 日(木)~12 月 31 日(月)

利用期間 2018 年7月 1日(日)~12 月 31 日(月)

有効期間 1日間

料金

おとな 2100円

こども 1050円

フリーエリア内のJR東日本の主な駅の指定席券売機、みどりの窓口、びゅうプラザおよび主な旅行会社で販売。

館林駅では買えませんが、駅前の東武トップツアーズで購入できます。乗りたい当日でも買えます(確認済み)。ただし、日曜祝日は休業日なのでご注意ください。

利用できる列車と設備

フリーエリアのJR線、上信電鉄線、上毛電気鉄道線、東武鉄道線、わたらせ渓谷鐵道線の普通列車普通車自由席。

新幹線・特急(東武鉄道線の特急「りょうもう」号等を含む)、急行、普通列車グリーン車、指定席等を利用 の場合は、別途特急券、急行券、グリーン券、指定席券等が必要です。

わたらせ渓谷鐵道線で運転している「トロッコ列車」は、ご利用できません。乗車券・整理券が必要です。

ぐんまワンデーフリーパスで実際に旅をしてみたのでご参考にどうぞ。

『ぐんまワンデー世界遺産パス』で群馬を旅してみた
最近、自転車を鉄道に載せて旅をする、いわゆる「輪行」をする機会が増えました。 それまでは、出かけるのは自動車かオートバイばかりでしたが...

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で館林くらしをフォローしよう!