【第14回】館林市に冒険遊び場を創りたい ~遊びから生まれるみんなでみんなの子を見守る目(eye)~

シェアする

こんにちは。
プレーリーダー(PL)のまっきーです。

4月29日(月・祝)につつじが岡公園で行われたコミクルフェスタにブースを設けさせていただき、その時に子どもたちとロープを張っている様子です♪

4月29日のコミクルフェスタ活動報告

来場したみなさんと遊び場を創り上げていくのがプレーパークの特徴の一つ。
このモンキーロープと呼ばれるこの遊び空間も、この子どもたちは「自分たちでつくったもの」という感覚で遊びこみます。
これに限らず、プレーパークは遊びの素材であふれている。
その素材から生まれる「遊び」がその場にいる人たちによってつくられていきます。

今回の遊び場もたくさんの遊びが生まれていましたよ^^
その様子はこちら↓

大人と子どもたちの関係性

ここで大事にしたいことは大人と子どもたちの関係性です。
あいずのビジョンの一つが「地域で地域の子どもを見守る社会の実現」。
その最小単位がこの遊び場で生まれます。

普段の公園などでは、「子対親」の関係がいくつもある状態が多いと思いますが、プレーパークでは次の図のような関係が生まれやすいです。

子どもたちの遊びを親同士で見守る空間。
これはシャボン玉やモンキーロープなど、ひとつの遊び環境に複数の子どもが同時に遊べる環境で起きやすい。
なので、シャボン玉のたらいの数をあえて少なめにしています。

「公園には謝りに行くもの」といつもの外遊びにストレスを抱えている親御さんも少なくありません。周りの目を気にしながらの外遊び。のびのびとさせてあげられないのは親御さんとしても大変なことが多いかと思います。

ぜひ、外遊びの選択肢の一つとして「プレーパーク」を加えてみてはいかがでしょうか。
全国の冒険遊び場情報は「NPO法人日本冒険遊び場づくり協会」にまとめて載っていますので、興味のある方はぜひのぞいてみてください。

館林市でのプレーパーク開催は夏休みとなります。
お楽しみに~♪

あいずからのお知らせなど

あいずのミッション(使命)

  • 『誰もが安心して、自分らしくいられる社会の創生』

ビジョン(将来像)

  • 『3つのあい(eyeI、愛)』
  • Eye: 地域で地域の子ども達を見守る社会の実現
  • I:誰もが持ってる「個性」が伸びる社会の実現
  • :自分を認め、相手を認め、誰もが互いを尊重しあえる「愛」あふれる社会の実現

今後の予定

進捗は、適宜更新しているFacebookページをご覧ください。
今後ともよろしくお願いいたします。

会員募集中!

あいずでは一緒に遊びを通した、誰もが自分らしくいられる社会をつくっていく仲間を募集しています。一緒に「素」の自分でいられる社会をつくっていきませんか?ご連絡をお待ちしております!

  • 正会員(運営を担ったり、現場スタッフとして動く会員)
  • 賛助会員(資金面で活動を支える会員)

お問合せは電話、メール、もしくはFacebookメッセンジャーにて受け付けます。

あいず

~遊びから社会を変える!つながりを創る!~

代表 牧田 康平

TEL:080-1139-4675(代表 牧田)

Email:i.eye.lovers@gmail.com

HP:https://i-eye-lovers.blogspot.com/

Facebookページ:あいず

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で館林くらしをフォローしよう!

スポンサーリンク
rectangleL
rectangleL

シェアする