【第12回】館林市に冒険遊び場を創りたい ~たくさんのご縁に感謝。プレーパークについての概要説明~

シェアする

こんにちは。
プレーリーダー(PL)のまっきーです。

だんだんと日も伸びてきて、日中は暖かくなってきました。
節分では見事に鬼役として落花生を打ちつけられました(笑

今年度の活動振り返り

さて、だいぶご無沙汰してしまいました、まっきーの寄稿文ですが、様々なご縁に恵まれ、
今年度は次の活動をさせていただきました。

個人でプレーワークをコミクル様にて6月、8月、9月実施。

「あいず」を10月に仲間とともに立上げ

「あいず」としてコミクル様にて11月、平成31年1月にプレーワーク

あいず主催のプレーパーク事業を12月に実施

外部講師をお招きした報告会やワークショップを合計2回実施

ご縁をいただいたすべての皆様に心より感謝申し上げます。

そして、大変恐縮ながら、あいずの活動を上毛新聞様に取り上げていただきました。

上毛新聞シャトル(2019年2月14日付)

以上の経緯を踏まえまして、今回はあいずでもよく言っている「プレーパーク」について、簡単に書かせていただきます。

プレーパークとは

まず、プレーパーク(別名「冒険遊び場」)は
「自分の責任で自由に遊ぶ」をモットーとした地域で創る、地域の遊び場です。

1943年にデンマークで「廃材遊び場」として創られた遊び場が発祥と言われています。

その後、ドイツ、イギリスなどで盛んに創られ、それが日本に伝わったのは1975年。
東京都世田谷区でイベントとして開催されました。
その後、国際児童年である1979年に合わせて世田谷区で創られた「羽根木プレーパーク」が全国で初めて常設(週4日以上開園)の遊び場として誕生しました。

そこでは、火起こし、木登り、水遊び、穴掘りに泥遊び。木工作やウォータースライダーなどなど一般的な公園では「ダメ!」と言われるような、子どもたちが「やってみたい!」と思える遊びを形にできます。
※写真は今の職場である冒険松原あそび場の写真です。

そんなプレーパークを開催している団体数は全国で約400。
遊び場の数は600ヵ所ほどにも及びます

その活動拠点は都市公園などの公共の場が7割と多く、行政と連携して活動している団体が多いです。
参考URL:第7回冒険遊び場づくり活動団体全国実態調査

ここからは埼玉県草加市にある「冒険松原あそび場」にプレーリーダーとして勤めている視点で申し上げます。
プレーパークは禁止事項がないことももちろんなのですが、一番重点を置くところは

『子どもが「遊ぶこと」を保障し、誰もが自分らしくいられる場』

であると感じています。

羽根木プレーパークのようなことをすべて、どこのプレーパークでもできるわけではありません。
特に火についてはハードルが高い。毎日火を使えるところは数少ないのが現状です。

ただ、プレーパークで共通していることは、次の通りです(自分の知識と経験で申し上げます)

  • その場が子どもにとっても、大人にとっても「素」の自分でいられる場所であること
  • 子どもも大人もワクワクし、安心できる『遊び環境』が整っていること
  • プレーリーダーを含めた「おもしろい大人」がその場にいること
  • 屋外であり、自然にあふれていること

できることの数ではありません。
その子自身の想いを形にでき、遊び込める「環境」がそこには整っています。

そんな遊び場を、地元館林市にも創りたいという想いで、今は信頼できる心強い仲間と共に活動をしております。

子どもにとって「遊び」は成長に欠かせないものであり、遊ぶことで様々な感覚や主体性、社会性などなどを育むことができます。

そして、「遊び」はどんな分野でもつながることができる要素であり、地域づくりにとっても欠かせないものと個人的に思っております。

ぜひご関心のある方は「NPO法人日本冒険遊び場づくり協会」のHPをご覧になっていただいたり、4月に開催予定の「あいずプレーパーク」に遊びに来ていただければと幸いです。

あいずプレーパークの予定としまして、次の日時で開催予定です。

  • 4月2日(火) 10時~15時@多々良沼公園
  • 4月30日(火) 10時~15時@つつじが岡公園

みんなでみんなの子どもを見る地域づくりを、遊び場を通して実現していくあいずのプレーパーク。
ぜひ遊びに来てください。

あいずからのお知らせなど

あいずのミッション(使命)

  • 『誰もが安心して、自分らしくいられる社会の創生』

ビジョン(将来像)

  • 『3つのあい(eyeI、愛)』
  • Eye: 地域で地域の子ども達を見守る社会の実現
  • I:誰もが持ってる「個性」が伸びる社会の実現
  • :自分を認め、相手を認め、誰もが互いを尊重しあえる「愛」あふれる社会の実現

今後の予定

時系列でお伝えします

  1. 3月26日(火)18:30~@お互いさまカフェ「だんだん」
    異世代・多世代交流事業『夜カフェ』(毎月第4火曜日に開催)
    参加費100円(会場費として)※賛助会員無料
  2. 4月2日(火)10:00~15:00@多々良沼公園
    あいずプレーパーク
  3. 4月29日(月・祝)10:00~16:00@つつじが岡公園
    コミクルでプレーワーク(のびのび広場)
  4. 4月30日(火) 10:00~15:00@つつじが岡公園
    あいずプレーパーク

進捗は、適宜更新しているFacebookページをご覧ください。
今後ともよろしくお願いいたします。

会員募集中!

あいずでは一緒に遊びを通した、誰もが自分らしくいられる社会をつくっていく仲間を募集しています。一緒に「素」の自分でいられる社会をつくっていきませんか?ご連絡をお待ちしております!

  • 正会員(運営を担ったり、現場スタッフとして動く会員)
  • 賛助会員(資金面で活動を支える会員)

お問合せは電話、メール、もしくはFacebookメッセンジャーにて受け付けます。

あいず

~遊びから社会を変える!つながりを創る!~

代表 牧田 康平

TEL:080-1139-4675(代表 牧田)

Email:i.eye.lovers@gmail.com

HP:https://i-eye-lovers.blogspot.com/

Facebookページ:あいず

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で館林くらしをフォローしよう!

スポンサーリンク
rectangleL
rectangleL

シェアする