前橋市・伊勢崎市の警戒度「3」に引き上げ 日帰り愛郷ぐんま ほか【新型コロナウイルス】

シェアする

4月15日、山本一太群馬県知事は定例記者会見を行いました。

20210415山本一太群馬県知事定例記者会見 – YouTube

その中から、新型コロナウイルス関連の内容をまとめました。

※記事内画像は記者会見モニター資料からの引用です。

前橋市・伊勢崎市の警戒度「3」に引き上げ

前橋市と伊勢崎市の警戒度が「2」から「3」に引き上げられます。その他の市町村は変更ありません。

警戒度「3」

前橋市伊勢崎市太田市大泉町

警戒度「2」

上記以外の市町村

要請内容

警戒度「3」 前橋市・伊勢崎市・太田市・大泉町

自粛

  • 感染防止対策が取られていない場所
  • 高齢者・基礎疾患者(不要不急の外出)

警戒度「2」 他31市町村

十分注意

  • 3密となるリスクの高い店舗や場所
  • 高齢者・基礎疾患者(不要不急の外出)

全市町村共通

  • まん延防止等重点措置の対象都府県への不要不急の往来は 極力控える
    (宮城、東京、京都、大阪、兵庫、沖縄)
  • その他感染が拡大している都道府県への移動特に慎重に
    (北海道、山形、茨城、栃木、埼玉、千葉、神奈川、長野、愛知、滋賀、奈良、和歌山、岡山、徳島、愛媛)
    ※直近1週間の感染者数が人口10万人あたり10人以上の都道府県(関東地方では5人以上)

事業者へは引き続きテレワークが推奨されています。実際のところ、テレワークを実施している企業はどの程度あるのでしょう?

県内の感染状況・医療状況

県内地域ごとの感染状況です。

館林保健所管内においては、先週の1.4人/日から2.8人/日に倍増しています。先々週は0.4人/日でしたから、2週間で7倍ということになります。

全県のデータです。医療体制維持のための判断材料です。

新規感染者は増加傾向が続いています。

病床稼働率はほぼ横ばい。

入所施設の職員に対するスクリーニング検査の実施

伊勢崎市・太田市・大泉町の高齢者・障害者入所施設における感染対策強化のため、施設の職員に対するスクリーニング検査を実施します。4月16日より。

愛郷ぐんまプロジェクト 日帰りキャンペーン

宿泊者が対象だった「愛郷ぐんまプロジェクト」を日帰り旅行にも拡大します。

愛郷ぐんまプロジェクトは群馬県民限定の旅行キャンペーンです。

愛郷ぐんまプロジェクト 日帰りキャンペーンは4月17日開始予定としていますが、まだ具体的な事業者募集などは始まっていないようです。(群馬県サイトでは確認できず)

愛郷ぐんまプロジェクト 第2弾 開始1週間の利用実績

愛郷ぐんまプロジェクト第2弾(2021年)の開始最初の1週間の利用実績は第1弾(2020年)同時期との比較で約2万1千人泊で2.3倍とのことです。

このキャンペーンは5月31日宿泊分まで適用されます。また人数の定員はありませんので、急いで旅行する必要はありません。

帰ってきた!群馬県民限定 愛郷ぐんまプロジェクト第2弾「泊まって!応援キャンペーン」
昨年、新型コロナウイルスの感染拡大で落ち込んだ群馬県の観光を応援するために 『愛郷ぐんまプロジェクト 「泊まって!応援キャンペーン」』...

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で館林くらしをフォローしよう!

シェアする

ブログをメールで購読

メールアドレスを登録すると、新着記事が公開されたときにメールでお知らせします。