手打ラーメン創房 舌笑家(花山町) おしゃれなラーメン屋さん

シェアする

「らーめんのまち館林」シリーズ、今回は花山町の「手打ラーメン創房 舌笑家」です。館林でおしゃれなラーメン屋さんといえば「舌笑家」でしょう。

「りょうもうグルメシールラリー2017」参加店

手打ラーメン創房 舌笑家


舌笑家と聞いてまず思い浮かぶのがこの特徴的な建物でしょう。ラーメン屋さんに見えません。以前、知り合いに舌笑家の場所を聞かれたので説明をしたところ、店の前を通ったのにラーメン屋さんだとは思わず何度も往復したということがありました。そのくらいラーメン屋さんぽくない建物です。

お店のすぐ裏が城沼というロケーション。これも珍しい。館林は沼が多いのですが、意外に沼に面したお店は少ないです。


店内はカウンターにテーブル席、それに座敷席です。


座敷席があるところが伝統的な東毛地区のラーメン店ですが、でもやはり舌笑家はひと味違います。やくあるラーメン屋さんの座敷席と比べるととてもおしゃれです。


メニューです。メインは醤油と塩。このあたりはオーソドックスですが、「豆乳ラーメン」や「ペペロン麺」など「創作麺」と称したちょっと変わったラーメンもあります。おしゃれな店内といい、伝統と創造性の両方を大切にするお店のポリシーを感じます。


塩ラーメンにしました。透き通った淡麗スープ。見た通りさらっとしていますが、まろやかで意外とクリーミーです。スープに浮いている焦がしネギがいいアクセントになっていますね。


麺は伝統的手打ち麺。館林のラーメンの麺はうどんみたいだと言われることがありますが、まさにそういう感じの麺です。硬すぎず柔らかすぎず、適度なコシのある麺です。


シャキシャキした食感の柔らかメンマ。


チャーシューです。表面には炙ったのでしょうか、焼き目が入っています。丁寧ですね。食べると香ばしいくてジューシーです。

このラーメンを食べてみても、麺は伝統的手打ち麺ですが、スープも具もかつてのラーメンとは全く違います。ここにもやはり伝統と創造性の融合を見ることができます。


今でこそおしゃれなラーメン店は増えましたが、はじまりは舌笑家だったのかもしれません。開店当初は「変なラーメン屋」などと呼ばれることもありましたが、今そんなことを言う人はいなくなりました。ようやく時代が追いついたということかもしれませんね。何事も先駆者は大変ですが、だからこそ値打ちがあります。

手打ラーメン創房 舌笑家
住所
館林市花山町2299-2
営業時間
11:00〜15:00/17:00〜21:00
定休日
火曜日(祝日の場合翌日)
関連サイト
ラーメンデータベース
地図

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で館林くらしをフォローしよう!