全国初!館林市の期日前投票所の混雑情報をリアルタイムに可視化する「VACAN」サービス開始!

シェアする

AIとIoTを活用して、様々な空き情報を配信しているVACAN(バカン)が、期日前投票所の混雑状況を可視化します。その第一弾が館林市での導入となります!

VACANの空き情報サービス

VACANは店舗の混雑情報などを提供しているサービスです。昨今の新型コロナウイルスの問題で、人混みがクローズアップされることになり、今回選挙の投票の場でもこのサービスが活用されるということになりました。

VACANはウェブサービスです。アプリのインストール不要で利用できます。

ちょっと使ってみましょう。

VACANのサイトに移動します。

https://vacan.com/

まず、サービスのガイダンスがあります。【次へ」をタップ

マップ上のピンに混雑状況が表示されます。

「10組待ち」「15分待ち」こういった表示もされるようです。

ガイダンスの最後のページまで進むと、「現在地を表示」「対象エリアを選択する」の表示が出てきます。上は、現在地をVACAN通知することで、現在地のマップに移動します。下は、手動でエリアを選ぶことになります。どちらでもかまいません。

館林市の地図を表示させるとこんなふうな画面になります。とうひょうくんもいますね😁

市内でVACANのサービスが利用できるのは今の所市役所(期日前投票所)のみです。

まだ選挙期間前なので地図上には「Closed」「利用時間外」と表示されています。

選挙期間になるとどのような表示になるのか、他の施設を見てみます。

「空きあり」

「やや混雑」

「満」満員の意味でしょう。

このように、混雑の程度に応じて表示が変わります。

家でチェックして、混雑しているようなら時間をずらすなどすれば、密を避けて安全に期日前投票ができます。

今後はこういった、テクノロジーを駆使したサービスが行政にも浸透していくのでしょうね。

関連リンク

VACAN

全国で初!期日前投票所の混雑情報をリアルタイムに可視化。群馬県館林市に空き情報配信プラットフォーム「VACAN」を提供開始

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で館林くらしをフォローしよう!

シェアする

ブログをメールで購読

メールアドレスを登録すると、新着記事が公開されたときにメールでお知らせします。