館林ケーブルテレビが館林・邑楽・千代田・明和を舞台にしたショートドラマを今秋放送!!出演者を募集中!!

シェアする

館林ケーブルテレビが館林市・邑楽町・千代田町・明和町を舞台にしたまちドラマ『もしもキセキが起きたなら〜この群馬の片隅で〜』を製作し、2019年10月から放送することが発表されました。

上毛新聞の記事です。(閲覧期間には限りがあります)

館林邑楽 舞台にドラマ ケーブルテレビで10月から

まちドラマ『もしもキセキが起きたなら〜この群馬の片隅で〜』

まちドラマとは

「まちドラマ」の厳密な定義はありませんが、おおまかには、特定のまちを舞台にし、そこで撮影し、住民が出演する市民参加型のドラマです。その地域の映画館で上映することもあるので「まち映画」とも呼びます。

今回のこの作品の脚本や編集を担当するのは数々の「まちドラマ」「まち映画」を手がけている藤橋誠監督です。藤橋監督が手がけた作品は太田市と大泉町を舞台にした「グラスホッパー」、栃木市を舞台にした「ストーリーストリートッ!」など多数あります。

もしもキセキが起きたなら〜この群馬の片隅で〜

今回発表のあった『もしもキセキが起きたなら〜この群馬の片隅で〜』は館林市、明和町、千代田町、邑楽町のそれぞれが舞台となる全4話のショートドラマです。2019年10月から月1回2月まで放送されます。放送の順序はわかりませんが、それぞれのテーマは

  • 館林市 狐が尾を曳いて館林城郭の範囲が決まったという「尾曳伝説」
  • 明和町 開発中の川俣駅周辺
  • 千代田町 毎年1月に開催している「ちよだ利根川おもてなしマラソン」
  • 邑楽町 町内で60年以上続く野球大会「盆野球」

これらが物語の柱となります。そして2月に各市町を取り上げた最終話を放送。青春や恋愛を題材として奇跡を盛り込んだものになります。

さらに来春には板倉町編を加えた全5話を県内映画館で上映する計画です。

出演者募集中!!

「まちドラマ」「まち映画」は出演者も住民参加です。現在出演者募集中!!

応募資格は

館林市・板倉町・明和町・千代田町・邑楽町・大泉町に通勤・通学している小学5年生以上の男女。今年7月以降館林ケーブルテレビ局内で行う演技練習及び撮影等に参加できる人。演技経験は問いません。

とのことです。

明和町のサイトに募集要項と応募用紙のPDFがあるので興味のある方はぜひ応募してください😁

応募締切は6月3日(月)必着です。(応募は郵送のみ)

まちドラマ出演者募集/明和町公式ホームページ

なお、1次審査の日時・会場は以下のとおりです。

日時 2019年6月8日(土),9日(日) 10:00-16:00内で20分程度

会場 館林ケーブルテレビ局

詳しくは募集要項でご確認ください。

関連情報

館林邑楽まちドラマ製作委員会(Facebook)

ケーブルテレビ株式会社(館林ケーブルテレビ)

藤橋誠監督(Facebook)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で館林くらしをフォローしよう!

スポンサーリンク
rectangleL
rectangleL

シェアする