双葉保育園でうどん食育!【麺のまち「うどんの里館林」振興会】

シェアする

もり陣さんにお誘いいただいたので、双葉保育園のうどん食育に行ってきました!!

【麺のまち「うどんの里館林」振興会】の食育


今日の食育は双葉保育園です。城沼公民館の向かいにあります。


11時過ぎに着きましたが、着いた時には始まっていました。館林のうどん店の集まりである「うどんの里」振興会の方と館林商工高校の3年生の方とコラボして行っています。館林商工高校では3年生は課題研究として、「調査研究」「資格取得」「現場実習」の中からやりたいことを自分で選んで1年間取り組むそうです。このうどんの里振興会とのコラボは調査研究のひとつとなります。今日の参加は全員女子で、彼女たちが今日はうどんを茹でるところから盛り付けまで担当します。


茹でて、冷水でシメているところです😄


園舎の中では園児たちがうどんを食べています。みんなこぞっておかわりをしたようですね。うどんはおいしいからねえ😄


今日提供されたのはけんちんうどん。麺は振興会会員の持ち回りで作るそうです。今日の麺は館林うどん♪地元館林産の小麦が使われています。これが百年小麦です。この小麦は甘いです。うどん組合の方から少しわけてもらって、カレーを作った時に百年小麦でチャパティやナンを作ってみましたが、とてもおいしくできました。この小麦はとてもいいと思います。うどんだけではもったいないですよ!


【麺のまち「うどんの里館林」振興会】では年に2回、幼稚園や保育園で食育を行っています。地元の伝統的な食文化に慣れ親しんでほしいとのことで、とてもよい取り組みだと思います。こうした取り組みはうどんに限らず他の分野でもできるといいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で館林くらしをフォローしよう!

スポンサーリンク
rectangleL
rectangleL

シェアする