多田市長、「丸のみ発言」を「言ったことはない」と否定

シェアする

多田館林市長は6月10日の市議会一般質問で、板倉町との合併協議をめぐり「板倉町の言い分は全部のむつもりだ」と語ったことを「丸のみなどと言ったことはない」と自らの発言を否定したことが明らかになりました。

毎日新聞が報じています。

館林市長 「丸のみ発言」を否定 板倉町合併協議を巡り /群馬 | 毎日新聞

多田市長は3月11日、市長選前の記者会見で給食費完全無料化について「板倉町の言い分は全部のむつもりだ」と発言し、「丸のみするということか」との質問に「その通りだ」と答えています。3月17日の市長選公開討論会の場でも同様の発言をしています。

自らの発言を撤回するのであればまだわかるのですが、「言ったことはない」などと否定するのは問題があると思います。

議会終了後「第三者の言ったことを自分の言葉として言ってしまった」と釈明をしたそうです。何を言っているのかよくわかりませんね。

政治家は言葉が命

板倉町との合併問題の動向は注意深く見ていく必要がありますね。

※朝日新聞も報じました。こちらは全国向け扱いのようです。

市長、合併巡る「丸のみ」発言翻す 「勘違い」と釈明 朝日新聞

広報館林より

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で館林くらしをフォローしよう!

シェアする

ブログをメールで購読

メールアドレスを登録すると、新着記事が公開されたときにメールでお知らせします。