らーめん布袋 (羽附町) 長野のじゃげなグループのお店

シェアする

「らーめんのまち館林」シリーズ、今回は羽附町の「らーめん 布袋」です。東北自動車道へ向かう国道354号沿いの飲食店が密集しているエリアにあるお店です。

らーめん 布袋


国道354号線に面したお店です。近隣にはかっぱ寿司、すたみな太郎、八幡太郎、いっちょう、など飲食店が集まっています。ここを過ぎると国道沿いにはお店がコンビニくらいしかありません。


平日の夜9時過ぎに行きましたが、グループ客でとても賑わっていました。一人で来ているのは私くらいでそのせいかカウンター席は人がいません。

なお、席はテーブル席、カウンター席のほかに座敷席もあります。館林のラーメン屋さんぽくないですが、座敷はしっかりありますね。


メニューです。長野のお店だからなのか味噌が一押しメニューです。長野といえば信州味噌ですからね。

でもチェーン店(?)の割には独自メニューが多いようです。店舗ごとの自主性に任されているのでしょうか。

餃子メニューが豊富です。焼き餃子・さっぱり茹で餃子・揚げ餃子・お好み焼風餃子・塩たれネギ餃子・信州味噌のタレ餃子・タルタル餃子と7種類、どれも300円!安い!


夜遅くまで開いているお店だけあってつまみ類もいろいろ。手作りプリンなんてのもあります。麺類はつけ麺のほかにまぜそばもあります。なんでもありますね。

何を注文しようか迷いましたが、「本日のおすすめ(820円)」の「布袋味噌ラーメンとガーリックバターチャーシュー丼」それに「信州味噌のタレ餃子」にしました。


まずは「布袋味噌ラーメンとガーリックバターチャーシュー丼」から。味噌ラーメンのビジュアルがもやしにコーンとなつかしい感じがします。


ほどよい甘さ(甘ったるくはない)の信州味噌スープがとてもおいしいです。もやしはシャキシャキ。具の上に白ゴマがかかっています。これとつぶつぶコーンがいいアクセントになっています。


麺はやわらかで溶けるような食感です。コシは主張は強くないですが、しっかりあります。こういうタイプの麺は市内では珍しいですね。スーッとすすれるのでお酒といっしょに食べるのには合っていると思います。


ガーリックバターチャーシュー丼です。サイコロチャーシューに熱したガーリックバターがかかっています。ネギでさっぱりいただけます。


そして餃子です。これは「信州味噌のタレ餃子」です。揚げ餃子ですね。ちなみに、「焼き餃子」にも味噌たれがついているそうなので、焼き餃子を味噌味で楽しみたい場合は焼き餃子を注文してくださいと店員さんから説明がありました。

なので、これは味噌タレの揚げ餃子です。揚げ餃子らしくパリパリです。やはり信州味噌がうまい!これはビールが欲しくなりますねえ。この日は車だったのでビールは諦めましたが、ビールといっしょにいただきたい一品です。


初めて来たのですが、とてもおいしくいただきました。私の家からは遠いので今まで来たことがなかったのですが、人気があるのはわかりました。メニューもかなり豊富で飽きなくていいですね。次は混ぜそばを食べてみようかな。

らーめん布袋
住所
館林市羽附町1659-2
営業時間
平日11:00~16:00/18:00~25:00 土日10:00~25:00
定休日
なし
関連サイト
食べログ(お店からの営業情報あり) じゃげなグループ
地図

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で館林くらしをフォローしよう!