「プロショップサイトウ」駅前の釣具ショップ

シェアする

昨年11月、駅前通りに「プロショップサイトウ」という釣具ショップがオープンしました。釣りは全くやらないのですが、最近は駅前に物販のお店がオープンするのは珍しく、気になったので行ってきました。

プロショップサイトウ


館林駅東口から駅前通りを市役所方面に向かい、左側にある丸三証券を過ぎてすぐ「プロショップサイトウ」はあります。店頭にノボリが立っているのでそれが目印になりますね。


店内には釣り用具がきれいに並べられています。たくさんありますね。


釣りの知識が全く無いので、代表の齊藤さんにお話をうかがいました。「プロショップサイトウ」で扱っているのはルアーと呼ばれるものです。

ルアーとは何でしょう。

ルアー(lure)は、ルアーフィッシングでの釣りに使用する道具のひとつで、針が付いていて、動きや色、匂い、味などで、直接魚を誘う物のことを言う。日本語では「疑似餌」と訳される事が多いが、魚は餌としてルアーに食いついているだけではないという見解もあり、一概に訳すことはできない。

ルアー – Wikipedia

魚を誘うための道具なんですね。魚が食べられる餌を使わず道具で誘う釣りをルアーフィッシングと呼ぶようです。

そして、「プロショップサイトウ」はルアーを専門的に取り扱っているショップなんですね。


ちょっとパッケージが光の反射で見難いですが、これらはワームとかのソフトルアーと呼ばれるタイプのルアーです。実際に触ってみると柔らかく、本物の虫のようです。子供の頃に釣具店で餌の虫を買った記憶がありますが、ソフトルアーは限りなく虫のようであるけれど、虫ではないんですね。こういった道具を使って、魚を誘い込むんですね。


こちらはハードルアーと呼ばれるタイプのルアーです。魚を模した形をしています。カラフルですね。


リアルすぎてもはや魚の模型です。釣ろうとする魚が普段餌としている魚(ややこしい)を模しているというわけです。さきほどのワーム、ソフトルアーもそうですが、魚が普段食べている餌に似せることで、魚に食いつかせるんですね。だから、形もそうですし、においを付けているルアーもあります。


こちらはスプーンと呼ばれるタイプのルアーです。どれもきれいでアクセサリーにしか見えません。様々な色・形・重さのスプーンがあります。なぜこんなにたくさんの種類があるかというと、釣りたい魚の種類と、釣る場所、地形、明るさなど、様々な要素で、誘いやすいルアーは変わるそうで、そのために沢山の種類のルアーが必要なのだそうです。へえ、全然知らない世界でびっくりしました!


これもスプーンですが、重さ(WEIGHT)と色(COLOR)の表記があります。色の違いは魚にはわかるそうです。重さは、これが軽かったり重かったりで挙動が変わるそうで、それによって魚の食いつきも変わるとのこと。


こちらもスプーンですが、期間限定品や問屋限定品、さらにはショップオリジナル品といったレアグッズのコーナーです。素人には何がなんだかです。でもおもしろいなあ。


これは「プロショップサイトウ」オリジナルカラー品です。右が空いていますが、すでに売り切れてしまったそうです。ここにあるのも、もう数少ないですね。欲しい方はお早めにどうぞ。

釣り針やリングも沢山あります。いまどきの釣り針はテフロン加工が当たり前だそうです。そのほうが刺さりがいいからということです。いやーもうすべてがびっくりです!!


何もかも驚きでしたが、齊藤さんはやさしく教えていただきました。なんでも相談できるので、ルアーフィッシング初心者の方には心強いのではないかと思います。

お店には新製品が頻繁に入荷するそうです。ショップのブログを見ると、週に何度か新製品が入荷していますね。ルアー好きの方はこまめにチェックしているそうです。

釣り好きの方はすでに知っていることかと思いますが、釣りに興味があるけどまだやっていない人にはいろいろ教えてもらえるのでいいと思いますね。興味がある方は行ってみて下さい。

プロショップサイトウ FISHING PRO SHOP SAITOH
住所
館林市本町2丁目5-39
営業時間
12:00-21:00
定休日
火曜・第3月曜(祝日は営業)
関連サイト
プロショップサイトウのブログ  Facebook  Twitter
地図

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で館林くらしをフォローしよう!

スポンサーリンク
rectangleL
rectangleL

シェアする