『田舎うどん 八』がオープン!【武蔵野うどん】

シェアする

大泉町に武蔵野うどんのお店『田舎うどん 八』がオープンしました。オープン日は2024年2月3日(土)です。

オープン日に行ってきましたよ。

田舎うどん 八

『田舎うどん 八』は旧国道354号線沿い、寄木戸交差点角にあります。館林から行くと左手です。以前、「ばんどう太郎」があった建物です。

駐車場は店のまわりにぐるっとあります。昼のピーク過ぎに行きましたが、オープン初日ということもあってか、駐車場はほぼいっぱいでした。

「ばんどう太郎」の面影が残る外観です。

店内に入ると、ウェイティングリストがあったので、名前と人数を書いて待ちます。

待っている間、店内を見ました。カウンター席が10席ほど、テーブル席と座敷席が半々で、全部で60席以上あります。これだけ広いと、席に着いてから待つかなあと思っていると、名前が呼ばれて案内されました。

メニュー1

うどんはつけ麺スタイルのもののみです。「田舎うどん」を名乗るお店はこのスタイルの場合が多いですね。

つけ汁、うどんの量、お好みでトッピングを選びます。そして、麺の硬さ(普通・柔らかめ・温麺)、つけ汁(醤油・塩)を選んで注文します。

メニュー2

サイドメニューですね。きんぴらごぼうを頼んでいる方がちらほら。

注文して待ちます。周りを見ると、店内には50人以上のお客さんが。昔の平野屋支店を思い出しました。20分ほど待つと、うどんが運ばれてきました。

肉ねぎ、普通(400g)、なすのトッピング。

まさに武蔵野うどんといったビジュアルのぶっとくてゴワゴワした感じの麺です!

つけ汁は豚バラ肉にネギ、とっぴんぐのなす入りです。

つけ汁に麺を投入すると、麺が存在感を主張しています。ほんとゴツいなあ。

麺を沈めてまぜまぜ。具だくさんがうれしいです。つけ汁は醤油分抑えめ、甘さ控えめのあっさりとした味付けです。

麺はこれぞ武蔵野うどんというかんじの硬い麺です。これはコシというよりも硬いといったほうが適当だと思います。ボキボキとした歯ごたえ、これが武蔵野うどんの特徴です。

熊谷うどんのお店でも武蔵野うどんに近い麺を出すお店がありますが、その区別は私はあまり詳しくありません。

このゴツい麺ですが、食べ始めると意外にするすると入ってしまいます。けっこうな量なのにぺろっと食べ終えてしまいました。そして後から満腹感に襲われます。食べたなあというかんじがしますよね。

ごちそうさまでした。

なお、『田舎うどん 八』では、オープン記念で3月3日までうどん50円引きで提供されるそうなので、気になった方はお早めにどうぞ。

店舗情報

店名

田舎うどん 八

住所

群馬県邑楽郡大泉町寄木戸1574

リンク

自家製麺 田舎うどん 八 Instagram

営業日・時間はお店のInstagramで確認してください。

地図

シェアする

ブログをメールで購読

メールアドレスを登録すると、新着記事が公開されたときにメールでお知らせします。