館林のアメダスが6月に移転!!新旧アメダスを見てきた

シェアする

館林のアメダスは美園町の消防署の敷地にありましたが、消防署が上赤生田町や赤生田町に建設中の広域防災拠点に移転することが決まり、それに伴いアメダスは館林高校に移転することが決まりました。

【追記あり】広域防災拠点の建設が始まっている!?
館林市役所安全安心課からいろいろ教えていただいたので、加筆訂正します。※2017年10月12日 羽附町の国道354号線沿いのかなり広い...

アメダスの移転が完了するのは6月いっぱいと報じられていましたが、先日、すでに新アメダスが設置されているという情報が寄せられたので、現地に行って確認してきました。

参考記事
「暑さ日本一」争いは…? 館林のアメダス 観測点を移設へ|社会・話題|上毛新聞ニュース

館林消防署敷地内の旧アメダス


まず、従来のアメダスを確認してみます。


消防署敷地内にあります。


まだ稼働していると思われます(2018年6月5日現在)。

次に、館林高校に設置されているという新アメダスを見に行きます。

館林高校敷地内の新アメダス


富士原町の館林高校です。西側からぐるっと回ってみます。


西公民館側です。こちら側は茂みがあるのでアメダスを設置するには適さないのかもしれません。


ぐるっと回って南側から校舎を見ます。アメダスは見つかりません。


東側に移動。それらしきものが見えてきました。


東側に回ってみます。これですね!


間違いなく新アメダスです。

この日は猛烈に暑くて、どちらのアメダス付近も暑くてふらふらになりました。体感では気温差はかんじられませんが、観測機器なら違いが出るのでしょうか。

気象庁の「地域気象観測所一覧」を見ると、館林のアメダスの住所は美園町となっているので(2018年6月5日現在)、まだ消防署アメダスの計測データが使われているのでしょう。なお、消防署アメダスの観測開始年月日は「昭53.12.2」とあるので、観測期間は西暦1988年12月2日から29年7ヶ月ほどで新アメダスに移転ということになります。

地域気象観測所一覧(気象庁)

アメダスが移転することで、観測データになんらかの変化があるでしょう。それはそれで興味はありますが、観測値がいかに変化しようとも夏の暑さに影響があるわけではないので、ほどほどに生暖かく見守って行きたいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で館林くらしをフォローしよう!

スポンサーリンク
rectangleL
rectangleL

シェアする