『ALH RESTAURANT』ミャンマー料理のお店がオープン!

シェアする

近藤町にミャンマー料理のお店が2022年6月にオープンしました!

名前は『ALH RESTAURANT (エーエルエイチれすとらん)』

ロヒンギャの方達が開いたお店です。

ALH RESTAURANT

バッティングセンターの関東スポーツセンター前の道を鞍掛方向に進むと左手に『ALH RESTAURANT』のお店があります。

右側が食材店で、左奥に見えるのがレストランです。

併設の食材店『ALH MINI MART』

こちらが『ALH RESTAURANT』です。

中はかなり広いです。

今日のメニューです。うーん、まったく読めない💧

お店にアウンティンさんがいらしたので、教えてもらいました。

  • 魚料理
  • ビリヤニ
  • チキン
  • 魚の団子(だったかな?)

アウンティンさんは日本のロヒンギャコミュニティのリーダー的存在の方で、このお店をオーナーでもあります。

アジアの魚料理というと、インドやスリランカの料理は食べたことがありますが、ミャンマーの料理は初めてなので、食べてみることにしました。

じゃん!魚料理のセットです。ライスは長粒米です!いいですねえ。

こちらは魚のスパイス煮といったかんじの料理です。そこそこ辛いです。

この魚はミャンマーから買い付けているそうですが、日本人の口には合うと思います。身が締まっておいしいです。

ちなみにこの魚は併設の食材店で買えます。この魚です。

こちらは魚の頭で出汁をとったスープです。酸っぱ辛くてこれもおいしいです。

こちらはビリヤニ。近くの席で食べている方に写真を撮らせていただきました。ありがとうございます。

これは今度食べたいですね。

料理を食べ終えた後にアウンティンさんにミャンマー料理について教えていただいたのですが、話しているうちに厨房を見せていただくことになりました。

チキンの丸焼き?

おいしそうですねえ。テイアウトもできるそうです。

アウンティンさん直々に案内していただきました。

ビリヤニです。おいしそう😆

お豆の料理です。

「おいしいから食べてみて」ということで、いただきました。

これはうまい!豆とじゃがいもにいろいろな野菜が入っています。ミャンマーの豆料理は豆を炒めるのが特徴だそうで、インドなどは煮込むのが普通ですが、そうすると粒感が失われてしまいますが、炒めることで粒の食感が心地よいです。これは本当においしいです。この豆料理はラマダン明けによく食べるそうです。食べると元気が出るとのこと。

実は、レストランにはまだコックさんがミャンマーから到着していないそうです。ビザの関係であと1・2週間かかるそうです。

コックさんが車ではレストランは週末金・土・日のみの営業となります。

コックさんが来たら、週6日営業、メニューもとても豊富になるそうです。楽しみですね!

ALH MINI MART

併設の食材店も見てみましょう。こちらは平日も営業しています。

ミャンマーの食品だけでなく、インドネシア・韓国ほか、様々な国の食品があります。

こちらは、スパイスといろんな豆。種類はかなり充実しています。スパイスを買うときはこちらに来ようっと。

生鮮食材もあります。こちらは肉。日本産、オーストラリア産、などいろいろあります。

ミャンマーから取り寄せた魚も豊富。アジアの食材店は何店もありますが、魚を取り扱っているお店は他に知りません。全くないということはないでしょうけど、かなり珍しいと思います。ミャンマーの魚は日本人の味覚には合うそうなので(実際今日いただいた魚はおいしかった)、コックさんが来たらいろんな魚料理が食べられるとのことなので、楽しみです♪

ミャンマー食材、飲物と野菜もあります。ほんとうになんでもありますね。

ここがアジアのコミュニティの核になりそうな予感がします!

ALH RESTAURANT
住所
群馬県館林市近藤町556-3
営業時間
調査中
定休日
調査中(現在レストランは金土日営業、食材店は平日も営業)
関連サイト
地図

シェアする

ブログをメールで購読

メールアドレスを登録すると、新着記事が公開されたときにメールでお知らせします。