気になる館林ニュースまとめ 2023.4.18

シェアする

日々のニュースから気になった館林や近隣のニュースをピックアップしていきます。週2回配信予定です。

かやぶき屋根 美しく 武鷹館の旧藩士住宅改修 群馬・館林市 22日から一般公開 〈上毛新聞 (2023.04.15)〉

かやぶき屋根 美しく 武鷹館の旧藩士住宅改修 群馬・館林市 22日から一般公開 | 上毛新聞社のニュースサイト
群馬県館林市が所有する武家屋敷「武鷹館」(大手町)内にある旧館林藩士住宅で行われていたかやぶき屋根などの改修が終わり、14日、報道陣に公開された。一般公開は22日に再開する。藩士住宅は移築から2...

武鷹館再開です!

「よりもい」聖地館林で催し 「宇宙よりも遠い場所」 スタンプラリーやパネル展 〈読売新聞 (2023.04.14)〉

「よりもい」聖地館林で催し 「宇宙よりも遠い場所」 スタンプラリーやパネル展
【読売新聞】 館林市は15日、同市が舞台となった人気アニメ「 宇宙 ( そら ) よりも遠い場所」(よりもい)を前面に打ち出した新たなイベントをスタートさせる。主要キャラクター4人に、市の魅力を発信する「館林アニメアンバサダー」を委

私もやってきました!スタンプを重ね押すことで一枚の絵が完成します。これがなかなか楽しい!なお、スタンプ台紙を配布しているつつじが岡ふれあいセンターはつつじまつりの期間中は無休です。

期間限定~お化け屋敷「呪いの花屋敷」 群馬・館林つつじが岡公園 〈上毛新聞 (2023.04.16)〉

期間限定~お化け屋敷「呪いの花屋敷」 群馬・館林つつじが岡公園 | 上毛新聞社のニュースサイト
群馬県館林市の春の恒例行事で開催中の「つつじまつり」に合わせ、市観光協会は市つつじが岡公園内のつつじ映像学習館にお化け屋敷「呪いの花屋敷」を開設した。ツツジから着想を得た怪談をベースにしたお化け...

お化け屋敷も行ってきました。怖かった😱
こんなやり方もあるんだなあと感心しました。

「城沼」イメージした給食味わう 地元の「百年小麦」を使用 群馬・館林市の5中学 〈上毛新聞 (2023.04.15)〉

「城沼」イメージした給食味わう 地元の「百年小麦」を使用 群馬・館林市の5中学 | 上毛新聞社のニュースサイト
群馬県館林市の日本遺産「里沼」について食を通じて子どもに理解を深めてもらおうと、市教委は14日、市内5中学校の給食に構成文化財の一つ「城沼」をイメージしたうどんとかき揚げを提供した。うどんは、館...

館林の百年小麦とうどん♪

歴史あるお寺に“宿泊” 穏やかな穏やかな時間を 群馬・千代田町 〈上毛新聞 (2023.04.16)〉

https://www.jomo-news.co.jp/articles/-/269845

お寺に泊まれます。

TEMPLESTAY ZENSŌ | 心と身体を調えるソウルリトリート

1912年築の廃業銭湯を移住者らが再興…桐生・重伝建地区 〈上毛新聞 (2023.04.16)〉

1912年築の廃業銭湯を移住者らが再興…桐生・重伝建地区
【読売新聞】 群馬県桐生市本町の重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)で、1912年(大正元年)に建てられて2018年に廃業した銭湯「一の湯」が15日、4年4か月ぶりに営業を再開した。  地域住民に長年親しまれてきた同銭湯は経営者が亡

街を変えるのは「よそ者・若者・バカ者」なんて言われますが、その典型のようなおはなし。

佐野市の計画が最高賞 国土強靱化大賞、市町村の部 台風19号の教訓生かす 〈下野新聞 (2023.04.15)〉

佐野市の計画が最高賞 国土強靱化大賞、市町村の部 台風19号の教訓生かす |下野新聞 SOON
【佐野】一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会の第9回ジャパン・レジリエンス・アワード(強靱化(きょうじんか)大賞)で、市の「国土強靱化地域計画」が14日までに市町村の部で最優秀の金賞に輝いた。甚大な被害をもたらした2019年秋の台風19号の教訓を生かし、より実効性のある施策を盛り込んだことなどが評価された。本県自...

2019年の台風19号で佐野市は大きな被害を受けました。今もなお、河川工事が続いています。

“埼玉人気”今も健在、都会と田舎の境界線は 切り込んだ「地球の歩き方“埼玉版”」誕生 情報量が圧倒的 〈埼玉新聞 (2023.04.14)〉

“埼玉人気”今も健在、都会と田舎の境界線は 切り込んだ「地球の歩き方“埼玉版”」誕生 情報量が圧倒的|埼玉新聞|埼玉の最新ニュース・スポーツ・地域の話題
埼玉県唯一の県紙「埼玉新聞」のニュースサイト。さいたま、川口、川越、熊谷、春日部、越谷、秩父など埼玉県内の事件事故、政治行政、経済、スポーツ、話題を発信。夏の高校野球や浦和レッズ、大宮アルディージャの情報も充実しています。

るーぱんに山田うどん!

地球の歩き方国内シリーズ、現在までに刊行されているのは「日本版」、「東京版」、「東京 多摩地域版」、「京都版」、「沖縄版」、「北海道版」、「千葉版」、そして「埼玉版」の8つ。

アプリの「登山届」、警察と即座に共有 埼玉の山で遭難救助を効率化 〈朝日新聞 (2023.04.16)〉

アプリの「登山届」、警察と即座に共有 埼玉の山で遭難救助を効率化:朝日新聞デジタル
■登山届の警察把握が5倍に 埼玉県内の山岳遭難をめぐり、発生直後に警察が入手できる「登山届」が急増していることがわかった。県警が登山届を提出できるネットサービスやアプリと連携したためで、1~2月だけで…

登山者向けアプリCompass、YAMAPと警察の連携。現時点でYAMAPと連携している自治体は、岩手県、群馬県、埼玉県、石川県、長野県、神奈川県、静岡県、岐阜県、鳥取県、島根県、大阪府、奈良県、山口県、大分県、熊本県。

ようやくではありますが、大きな進歩です。

個人タクシー、群馬県内から消滅 唯一の事業者が廃業 〈東京新聞 (2023.04.14)〉

個人タクシー、群馬県内から消滅 唯一の事業者が廃業:東京新聞 TOKYO Web
群馬県で唯一の個人タクシー事業者が三月に廃業し、県内から個人タクシーが消滅した。ぎりぎりまで後継者を探したが、運転手の高齢化やコロナ禍...

群馬県にも個人タクシーあったんですね。まったく知りませんでした。

シェアする

ブログをメールで購読

メールアドレスを登録すると、新着記事が公開されたときにメールでお知らせします。