気になる館林ニュースまとめ 2023.02.10

シェアする

日々のニュースから気になった館林や近隣のニュースをピックアップしていきます。週2回、火曜と金曜配信予定です。


目次

「時短になった」「走りやすい」 東北道120キロに最高速度引き上げ4カ月 ドライバーに好評 〈上毛新聞 (2023.02.07)〉

「時短になった」「走りやすい」 東北道120キロに最高速度引き上げ4カ月 ドライバーに好評 | 上毛新聞社のニュースサイト
一部区間が群馬県を通る東北道岩槻インターチェンジ(IC)―佐野藤岡IC間(約41キロ)で昨年10月、乗用車などの最高速度が時速100キロから120キロに引き上げられた。4カ月近くたち、ドライバー...

2022年10月に東北自動車道岩槻IC~佐野藤岡IC間の乗用車などの制限速度が120キロに引き上げられました。大きなトラブルもなく、順調のようです。

桐生、館林、足利 群馬・栃木の3市が都内で観光PR 〈上毛新聞 (2023.02.09)〉

桐生、館林、足利 群馬・栃木の3市が都内で観光PR | 上毛新聞社のニュースサイト
群馬県桐生、館林両市と栃木県足利市を加えた3市合同の観光情報PR会(3市と県共催)が8日、都内で開かれた。3市長が観光スポットやご当地グルメ、祭りなど各地域の魅力を観光関係者にアピールした。日本...

東毛日本遺産トリオ。

足利学校など教育史跡を世界遺産へ 4市が文化庁に要望 〈下野新聞 (2023.02.08)〉

足利学校など教育史跡を世界遺産へ 4市が文化庁に要望|下野新聞 SOON
足利市や水戸市など4市でつくる「教育遺産世界遺産登録推進協議会」は7日、各市の教育史跡を一体的に世界文化遺産へ登録するため、登録の前提となる国の「暫定一覧表」に追加するよう、文化庁に要望した。 同協議会は、日本最古の学校として知られる足利学校をはじめ、水戸市の弘道館・偕楽園、岡山県備前市の閑谷(しずたに)学校、大分県日...

足利市はさらに世界遺産を目指します。

群馬県内の公立小中学校の半数超が家庭訪問を廃止 教員と保護者に負担感 〈上毛新聞 (2023.02.09)〉

群馬県内の公立小中学校の半数超が家庭訪問を廃止 教員と保護者に負担感 | 上毛新聞社のニュースサイト
教員による家庭訪問の現状について群馬県教委が県内の公立小中学校を対象に調査したところ、6割近くが既に廃止していることが8日、分かった。「縮小」を含めた割合は8割を超えた。教員の働き方改革や多忙化...

電気やガス、値上がりは月1000円以上 厳しい寒さが追い打ち 群馬県民からも悲鳴 「LPガスも支援を」 〈上毛新聞 (2023.02.08)〉

電気やガス、値上がりは月1000円以上 厳しい寒さが追い打ち 群馬県民からも悲鳴 「LPガスも支援を」 | 上毛新聞社のニュースサイト
燃料価格の高騰を受け、冬期に使用量が増える電気やガスが値上がりしている。大手の東京電力や東京ガスによると、平均的な家庭の目安となるモデル料金は、いずれも1年間で月千円以上高くなった。さらに今冬の...

マスク着用「緩和は正しい流れ」 「個人判断」で調整の政府に群馬知事 〈上毛新聞 (2023.02.09)〉

マスク着用「緩和は正しい流れ」 「個人判断」で調整の政府に群馬知事 | 上毛新聞社のニュースサイト
新型コロナウイルス感染症対策としてのマスク着用で、政府が3月前半にも屋内・屋外問わず個人の判断に委ねる方向で調整に入ったことを受け、群馬県の山本一太知事は9日の定例会見で、「マスクの着用を緩和し...

コロナ5類移行へ向けて。

多様な価値観知って 男女別学の太田高と太田女子高が初の合同授業 相手校を訪問し学習発表 群馬 〈上毛新聞 (2023.02.08)〉

多様な価値観知って 男女別学の太田高と太田女子高が初の合同授業 相手校を訪問し学習発表 群馬 | 上毛新聞社のニュースサイト
男女別学の高校生に多様な価値観に触れてもらおうと、太田高と太田女子高の合同特別授業が7日、群馬県太田市の両校で開かれた。両校が一緒に授業を行うのは初めて。1、2年生計約千人の半数ずつが相手校を訪...

伊香保温泉「石段ひなまつり」終了へ 少子化で地元園児集まらず 〈毎日新聞 (2023.02.09)〉

伊香保温泉「石段ひなまつり」終了へ 少子化で地元園児集まらず | 毎日新聞
 渋川伊香保温泉観光協会は、伊香保温泉(群馬県渋川市)の石段街をひな壇に見立て、子どもたちがひな人形に扮(ふん)する人気イベント「石段ひなまつり」の開催を終了する方針を固めた。少子化の影響で地元の園児が少なくなったことが理由。

強烈なニュース。

23年秋冬も価格据え置く方針 「付加価値ある商品開発も」 ワークマン 〈上毛新聞 (2023.02.08)〉

群馬県太田市が長寿祝金支給を見直し 金額と対象年齢を変更する方針 | 上毛新聞社のニュースサイト
 高齢者の増加に伴う敬老事業の見直しで、群馬県太田市は7日、2023年度から長寿祝金の支給金額と支給対象の年齢を変更する方針を明かした。関連条例の一部改正案を市議会3月定例会に提案する。 ...

このご時世に、価格据え置きはインパクト大。

ワークマン公式サイト

すごい現象…カインズがオープン後、著しく転入者が増 区画整理する加須市、子ども増で学校の校舎増築へ 〈埼玉新聞 (2023.02.09)〉

すごい現象…カインズがオープン後、著しく転入者が増 区画整理する加須市、子ども増で学校の校舎増築へ
加須市は7日、児童数の増加が見込まれる同市北下新井の市立元和小学校について、校舎増築と学童保育室の整備を2023年度から24年度にかけて行う計画を発表した。総額約15億8583万円をかけ、24年8月…

カインズすごい。

カインズ大利根店

渡良瀬サイクルパーク快走 目標上回る8648人で利用 新年度から貸し出しも 〈下野新聞 (2023.02.09)〉

渡良瀬サイクルパーク快走 目標上回る8648人で利用 新年度から貸し出しも|下野新聞 SOON
【栃木】市が昨年4月、市藤岡渡良瀬運動公園内に開設した「渡良瀬サイクルパーク」の昨年12月までの利用者数は8648人で、目標の千人を大きく上回ったことが8日までに市のまとめで分かった。ロードレースや体験会などのイベントが多数開催され、休日を中心に県内外から家族連れが多く訪れている。新年度からはBMXやロードバイク、視覚...

渡良瀬遊水地北側、栃木市藤岡渡良瀬運動公園にある自然豊かなわたらせサイクルパーク。クリテリウムや自転車教室などを定期的に開催しています。館林も自転車施設のパークインを復活させるなら、城沼でレースをやってほしいですね。

わたらせサイクルパーク|渡良瀬遊水地の自転車専用コース|クリテリウム パンプトラック ポタリング

東武鉄道、学校申し込みの高3全員に豪華なプレゼント…運賃やスカイツリー無料 〈読売新聞 (2023.02.09)〉

東武鉄道、学校申し込みの高3全員に豪華なプレゼント…運賃やスカイツリー無料
【読売新聞】 東武鉄道グループは7日、東武鉄道全12路線の普通運賃に加え、東京スカイツリー(東京都墨田区)と東武動物公園(埼玉県宮代町)、東武ワールドスクウェア(栃木県日光市)の3施設の入場料が無料になる「#みらいエールきっぷ」を、

太っ腹東武!良い取り組みだと思います。

高校を今年卒業する生徒の皆さんに『#みらいエールきっぷ』を贈呈します!|東武鉄道公式サイト

スパトレイル〔四万 to 草津〕、大会終了を発表 〈DogsorCaravan (2023.02.08)〉

スパトレイル〔四万 to 草津〕、大会終了を発表
群馬県中之条町、草津町で開催されてきた「スパトレイル〔四万 to 草津〕」は大会の終了を発表しました。大会ウェブサイトに発表されたコメントでは「大会スタッフは高齢者が多く、長期間にわたる大会の準備、長時間に渡る大会運営に …

重く大事な問題。人気のイベントでも関わる人の世代交代ができないと、いつかは終わってしまいます。

スパトレイル公式サイト

移住者は「都会風吹かさないで」…福井県池田町の広報誌に載った“七か条”に住民反発、考えた区長会の思いとは 〈福井新聞 (2023.02.09)〉

移住者は「都会風吹かさないで」…福井県池田町の広報誌に載った“七か条”に住民反発、考えた区長会の思いとは | 社会,政治・行政 | 「ふく特」取材記事 | 福井新聞ONLINE
移住・定住政策に力を入れている福井県池田町で、区長会の提言として移住者の心得を説いた「池田暮らしの七か条」が広報誌に掲載され、町民の間に波紋が広がっている。「都会風を吹かさないよう心掛けて」「品定めがなされていることを自覚して」などの文言が並び、福井新聞の調査報道「ふくい特報班」(通称・ふく特)には「高圧的」「移住の選...

館林や群馬県とは関係ありませんが、地域おこしや移住促進などを進める上で、向き合う必要があると思ったので、取り上げました。

シェアする

ブログをメールで購読

メールアドレスを登録すると、新着記事が公開されたときにメールでお知らせします。