在館林ロヒンギャのアウンティンさんがバングラデシュの難民キャンプに学校を作るドキュメンタリーが公開

シェアする

4週間ほど前にロヒンギャ難民写真展のことを記事にしました。

「ロヒンギャ難民写真展 Oroscopo」に行ってきたよ
4月1日の日曜日の午後、こんなツイートを見かけました。 【本日写真展最終日❗️❗️】 大変ご好評いただいております、ロヒンギャ難民写...

この写真展を企画した慶応大学公認学生団体「S.A.L.」内プロジェクト「ロヒンギャ難民PJT」の久保田徹さんが監督として制作したドキュメンタリー映像がYahoo!ニュースで公開されています。

祈りの果てに

在日ロヒンギャ、憎しみの連鎖断ち切るため難民キャンプに私費で学校を建設「私たちは復讐しない」(久保田徹) – 個人 – Yahoo!ニュース

ロヒンギャ難民として館林に移り住んだアウンティンさんが、バングラデシュのロヒンギャ難民キャンプに個人で学校を建てるために奔走するドキュメンタリーです。

バングラデシュ難民キャンプの取材はもちろん、館林の映像もあります。館林民として必見です。

ぜひ見て下さい。

ロヒンギャがミャンマーで平和な生活を送ることができる日が来ることを心から願っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で館林くらしをフォローしよう!

スポンサーリンク
rectangleL
rectangleL

シェアする