『麺屋 照の坊』3月23日オープン!!らーめんとつけめんのお店(青柳町)

シェアする

3月23日、青柳町にらーめんとつけめんのお店『麺屋 照の坊』がオープンしました!!

オープン初日からすごいことになってますよ!!

麺屋 照の坊

照の坊のツイッター(@Morry420S)でオープン日の告知です。弥七の大将(@hatokichi629)も登場しています!!


お店の場所は、茂林寺から行くと国道122号線方向に進み、JAの向かいにあります。122から行く場合は、茂林寺入口交差点を左折(北から来た場合)、まもなく右手にお店があります。「照の坊」の看板が目に入るのでわかりやすいと思います。


到着したのが開店前の10時30分ころ。整理券が配られているのでそれとステッカーをもらいました。すでに34番目。お店の方に何時ころになるか聞いたところ12時過ぎとのことなので、一旦帰ってまた来ました。


アニメですっかり有名になったたぬきがいます。


開店日は100食まではつけ麺、それ以降50色が煮干しそばのメニュー限定の営業です。


駐車場はお店の両脇にあります。上が道路です。


お店向かって右側の駐車場


お店向かって左側の駐車場。パーキング案内をよく見て、駐めていい場所を確認の上駐めるようにしてください。駐めてはいけない場所に車を駐めるとクレームはすべてお店にいき、お店の方が困ってしまうので、くれぐれも注意して下さい。


そして12時過ぎにようやく店内に。食券を買います。今日はつけめんと煮干そばだけですが、他にもメニューは「塩煮干しそば」「豚そば」「味噌豚そば」「濃厚煮干し」「濃厚まぜそば」などがあるようです。次に来た時の楽しみです。


店内にもお花が。弥七の名前もありますよ。


そしてようやくご対面。特製つけ麺中盛です。テンションが上がるビジュアルです!!麺は並200g、中300g。中ならいけるかなと思いましたが、けっこうありますね。


チャーシューは2種類2枚ずつ。それに味玉、メンマ。


つけ汁がなんともいえない色合いで期待が高まります。

少し飲んでみました。煮干しですね。それも濃い!少し苦味がありますが、それ以上にクリーミー。こんな煮干しスープは初めてですね。麺を付けて食べてみます。すると苦味はほとんど感じません。クリーミーさが一層引き立ちます。煮干しなんだけど煮干しでないような不思議な味わいがあります。


チャーシューは、いわゆるチャーシューのほうはホロホロでおいしい、ローストビーフ風のほうはしっとりして歯ごたえがあって、こちらもおいしいです。


多いかなあと思いましたが、おいしいのですぐに食べ終えてしまいました。割りスープをいただきます。


割りスープには希望でチャーシューとネギを入れてもらます。これがまた気が利いていておいしです。店主の方はきさくで豪快なかんじの方ですが、ラーメンはとても繊細です。オープン初日でこの丁寧さはすごいなあと思いました。ごちそうさまでした。


オープン初日とは思えないほど、落ち着いていて、店内の雰囲気もなごやかですばらしかったです。
相当な実力のお店が誕生したといっていいのではないかと思います。

煮干しそばや豚そばもとても楽しみです!!

麺屋 照の坊
住所
館林市青柳町1063-1
営業時間
平日・土11:00-14:30/18:00-21:00 日・祝11:00-売り切れ終了
定休日
火曜・第2,4月曜
関連サイト
麺屋 照の坊(Twitter)
地図

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で館林くらしをフォローしよう!