桐生市にミールスが楽しめるお店『Kali table』がオープン!!

シェアする

私事ですが、南インド料理が好きです。

日本でインドカレー店というと、北インドやネパールのイメージが強く、南インドのカレーが食べられるお店は東京ではかなり増えてきましたが、北関東ではまだまだ少ないです。

南インドにはミールスというポピュラーな定食があります。

このミールスが食べられるお店が2020年7月7日桐生市にオープンしました。名前は『Kali table(カーリー・テーブル)』です!!

これはぜひ行かねばと、行ってきました!

Kali table(カーリー・テーブル)

『Kali table』はJR桐生駅の東にあります。道の説明が難しいのですが、伊東屋珈琲2号店の前の道路を北に進み、JR両毛線の線路をくぐり100mほど進んだ左手にお店があります。


この看板が目印です。

駐車場はお店の前と脇、裏にあります。


店内はこんなかんじ。ゆるゆるとした雰囲気です。テーブル席とカウンター席があります。


メニューです。Meals(ミールス)には2種類あって、Veg(ベジ)とNon Veg(ノンベジ)が選べます。

Vegはベジタブルの意味で、肉や魚を使わないメニューです。Non Vegはこれに日替わりの肉料理が1品追加になります。

他にチキンカレーもあります(テイクアウト可)。


Non Veg(ノンベジ)ミールスです。南インドでは(といっても南インドも広いですが)、お店でこういった食事が提供されています。それを群馬で食べられるのは感激です!(他にも前橋のチャラカラや太田のモティでもミールスを提供しています。どちらもオススメです)

では、一品ずつ、「おすすめの食べ方』順に見ていきます。


クートゥ。南インドの豆のカレーです。ココナッツが香りまろやかな風味です。

サンバル。タマリンドという日本の梅干しのような酸味のある果肉を使った豆と野菜のカレーです。このタマリンドの酸味がけっこう病みつきになります😁


ラッサム。黒胡椒のスープカレーです。英語では「ペッパーウォーター」とも呼ばれます。独特の風味で、これもおいしいです。


Non Vegの「塩チキンカレー」(名前を聞いたのですが失念しました)。南インドらしくさらっとしています。


ライタ。ヨーグルトのサラダです。インドではヨーグルトを料理によく使います。きゅうりで体を冷やす効果もありますね。


白っぽいほうがポリヤル。野菜のココナッツ炒めです。野菜にココナッツの風味が乗るととても味わい深くなります。わりと簡単に作れるので、自分でもよく作ります。

赤っぽいのはウルガイ。スパイスを使った野菜の漬物です。そんなにしょっぱくありません。


半月型のがパパド。豆のせんべいです。下のご飯はバスマティライス。日本のお米と違ってさらっと食べられます。

それぞれのカレーとご飯で食べるのはもちろんおいしいですが、ミールスの醍醐味は混ぜることです。


カレーどうしを混ぜ合わせて食べるとまた新しい味わいがあります。これはサンバルにラッサム、クートゥを混ぜたところです。こうして食べるととてもおいしい!ぜひやってみてください😄


食後のラッシー。とても濃厚です。甘味にきび糖を使っているそうで、ほのかに甘いです。このくらいの甘さがいいですね。

とても満足です。ごちそうさまでした!

お店のInstagramを見ると、ミールス以外にビリヤニやいろんな料理をアップされているので、今後そうした料理もお店で食べられるようになるのかもしれません。

群馬県にも南インド料理のお店が少しずつ増えてきました!!とてもうれしく思います。

群馬の南インド料理店まとめもしてみようかな♪

Kali table(カーリー・テーブル)
住所
群馬県桐生市仲町2-9-17
営業時間
11:30-16:30(16:00L.O)
定休日
水・土曜
関連サイト
カーリー・テーブル Instagram

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で館林くらしをフォローしよう!

シェアする