県議補選、上毛新聞の候補者アンケートを読み解く

シェアする

県会議員は館林市長への登竜門

県議補選盛り上がってますか?

県会議員の主たる職場は前橋の県議会なのでどうしても地元では影が薄くなりがちです。
でも、館林の歴代市長はここ3代連続で現職の県議が市長に就いています。そういう観点で見ると、県会議員が身近に思えてくるのではないでしょうか。将来の市長最有力候補というわけです。

各候補の考えを見てみる

上毛新聞が5月9日の紙面で候補者アンケートの結果を公開しました。ネット版でも一部公開されています。これが狭い紙面に所狭しと押し込まれていて少々わかりにくい。なので、わかりやすく書き出してみることにします。

「広域合併」は一致 県議補選館林市区候補者アンケート(上毛新聞)

候補者アンケート

質問は7つ。ひとつずつ見ていきます。

質問1 3期目となる大沢正明知事の県政運営を評価するか。

選択肢は 1.評価する 2.どちらかといえば評価する 3.どちらともいえない 4.どちらかといえば評価しない 5.評価しない

回答 ※届け出順、敬称略

茂木直久
2.どちらかといえば評価する

多田善洋
1.評価する

高橋次郎
1.評価する

泉沢信哉
1.評価する

各候補とも積極的か消極的かの違いはありますが、「大沢県政を評価する」で一致しています。

質問2 県政の最重要課題は(三つまで)

選択肢は 1.財政改革 2.社会資本整備 3.出産・育児支援 4.教育水準の向上 5.社会弱者支援 6.雇用の確保・創出 7.医療の充実 8.ブランド力の向上 9.若者のU・Iターン促進 10.公共交通網の整備 11.社会弱者支援 12.観光振興 13.農林業振興 14.商工業振興 15.その他
※ 選択肢5と11はいずれも「社会弱者支援」となっていますが、これは誤植か設問の誤りと思われます。(ネット記事と紙面両方で確認済み)

茂木直久
3.出産・育児支援 7.医療の充実 11.社会弱者支援

多田善洋
7.医療の充実 8.ブランド力の向上 9.若者のU・Iターン促進

高橋次郎
6.雇用の確保・創出 7.医療の充実 12.観光振興

泉沢信哉
6.雇用の確保・創出 7.医療の充実 13.農林業振興

すべての候補者が共通して挙げたのは「7.医療の充実」。相違点はこれ以外に見出すことになります。

茂木候補の「3.出産・育児支援」「11.社会弱者支援」は他の候補は誰も挙げていないので、茂木候補の独自の主張と言えるでしょう。
茂木候補「子育て世代への支援と経済的困窮者などの社会的弱者への支援を重視

多田候補の「8.ブランド力の向上」「9.若者のU・Iターン促進」も他の候補で挙げている人はいません。多田候補独自の主張と言えます。どちらも「地域の魅力を高める政策」と見ることができるでしょうか。

高橋候補と泉沢候補は「6.雇用の確保・創出」が共通。残るひとつは、高橋候補は「12.観光振興」、泉沢候補は「13.農林業振興」と産業に関する課題を挙げています。「6.雇用の確保・創出」も産業の課題であると見れば、高橋候補と泉沢候補は「産業振興重視」と言えるでしょう。その中で高橋候補は「観光産業重視」、泉候補は「農林業重視」となります。

質問3 県議会改革の一環として県議の定数(50)の削減や選挙区割りの見直しを進めるべきだと思うか

茂木直久
1.思う

多田善洋
4.どちらかといえば思わない

高橋次郎
3.どちらともいえない

泉沢信哉
4.どちらかといえば思わない

県議の定数削減や選挙区割りの見直しに積極的なのは茂木候補のみ。

質問4 県議会改革の一環として県議の議員報酬(月額83万円)を引き下げるべきだと思うか

茂木直久
2.どちらかといえば思う

多田善洋
3.どちらともいえない

高橋次郎
3.どちらともいえない

泉沢信哉
3.どちらともいえない

積極的に県議の議員報酬を下げようと主張する候補は無し。茂木候補は消極的にですが下げるべきと回答しています。ただ、議員報酬は当の議員が積極的に削減に向けて動かないと下がらないとは思います。

質問5 透明性が求められている政務活動費の使途について、領収書もホームページで公開すべきだと思うか

茂木直久
1.思う

多田善洋
2.どちらかといえば思う

高橋次郎
1.思う

泉沢信哉
2.どちらかといえば思う

全員賛成。政務活動費の領収書をホームページで公開することに反対している候補はいません。

質問6 館林と板倉町の合併協議が進んでいるが、より広域な合併が必要だと思うか

茂木直久
1.思う

多田善洋
1.思う

高橋次郎
1.思う

泉沢信哉
1.思う

これも全候補「広域合併が必要」で一致。

質問7 県主導で学校給食費の無料化を進めるべきだと思うか

茂木直久
1.思う

多田善洋
3.どちらともいえない

高橋次郎
1.思う

泉沢信哉
4.どちらかといえば思わない

これは意見がわかれました。「県主導で学校給食費の無料化を進めるべき」と回答したのが茂木候補と高橋候補。多田候補は中立、泉沢候補は否定的。
ただし、この設問は学校給食費の無料化の是非を問うているわけではありません。あくまでも県主導ですべきかということなので、たとえば館林市の議会が働きかけて学校給食費が無料化されることについては別の問題です。

以上、アンケート回答を見てみました。解釈はあくまでも私個人の見解です。投票の参考になれば幸いです。

群馬県議会議員補欠選挙(館林市選挙区)情報(2017年5月14日投票)
選挙結果 2017年(平成29年)5月14日は群馬県議会議員補欠選挙(館林市選挙区)の投票日です。 5月5日の告示日に立候補...

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で館林くらしをフォローしよう!