邑楽町に建設中の『でんえんマルシェ』オープンは12月15日

シェアする

邑楽町では2022年春から生活拠点施設を建設しています。

【バスターミナル】2022年10月にオープンする邑楽町の生活拠点施設を見てきた【農産物直売所】
上毛新聞が、邑楽町とJA邑楽館林が生活拠点施設を2022年10月1日に開業することを報じています。 【生活拠点施設10月オープン】バス...

来月12月には農産物直売所などがオープンするとのことなので、現状を見に行ってきました。

農産物直売所 でんえんマルシェ

場所は国道354号線沿い、フライングガーデンの向かいにあります。

農産物直売所の名称は「でんえんマルシェ」。同じく国道354号線沿いにある「ふれあい食彩館」が移転します。

「でんえんマルシェ」の名称の由来ですが、推測になりますが、「でんえんまる」というJA邑楽館林のキャラクターがいます。これが由来なのかなあと思いますが、本当のところはわかりません。ご存じの方教えてくだい。

正面に大きなメインの建物と、左側に小さな建物があります。

国道側から脇を見たところ。

反対側(南側)から見たところ。手前の小さな建物は公衆トイレのようにも見えますが、まだわかりません。

おうらバスターミナル

西側にはバスターミナルができています。こちらはまだ整備中のところもありますが、供用が始まっています。バス利用者だけでなく、ドライバーの一時的な休憩所としても利用できます。24時間利用可能です。

「バス待機場」と書かれています。奥の方にバス停が立っています。

邑楽町内を循環するコミュニティバスの停留所ですね。高速バスは現在は邑楽町役場前にバス停がありますが、いずれこちらに停留所が移る予定です。なお、邑楽町を通る高速バスは本来なら4路線ありますが、そのうち3路線は運休中(2022年11月時点)で、現在は「シルクライナー(名古屋・京都・奈良・大阪行)」のみが運行しています。

バス利用者専用の駐車場。パークアンドライドが可能になっています。

バスロータリーから直売所を見たところ。直売所が完成すると、この場所でイベントなども行われるかもしれませんね。そのくらいのキャパシティを持った施設になりそうです。

邑楽南中学校交差点から

関連リンク

おうらバスターミナル駐車場について|群馬県邑楽町

邑楽町内循環線の運行開始について|群馬県邑楽町

農産物直売所でんえんマルシェのアルバイト・バイト求人情報|【タウンワーク】

【バスターミナル】2022年10月にオープンする邑楽町の生活拠点施設を見てきた【農産物直売所】 | 館林くらし

地図

シェアする

ブログをメールで購読

メールアドレスを登録すると、新着記事が公開されたときにメールでお知らせします。