【群馬県】愛郷ぐんまプロジェクトは当面中止 ほか【新型コロナウイルス】

シェアする

4月22日、山本一太群馬県知事は定例記者会見を行いました。

20210422山本一太群馬県知事定例記者会見 – YouTube

その中から、新型コロナウイルス関連の内容をまとめました。

※記事内画像は記者会見モニター資料からの引用です。

県内の感染状況・医療状況

県内地域ごとの感染状況です。

館林保健所管内においては、先週の2.8人/日から1.3人/日に半減先々週の1.4人/日の水準に戻っています。3週前は0.4人/日だったので、半減と言ってもまだ高い水準です。

全県のデータです。医療体制維持のための判断材料です。

新規感染者は先週比横ばい。

経路不明の感染者数が増加しています。これは市中感染のリスクが高まっているということになります。

新規感染者の状況。どのように感染したかというデータです。感染経路不明者の割合が増えたということと、家庭での感染が高い割合を占めていること。

このことから、どこかで感染して、それを家族にうつしてしまうということがわかります。

感染者用病床稼働率は30%を超えてしまいました。

山本知事は、以上のデータから、ただちに警戒度を引き上げる状況にはないが、経済を回すことにおける指標としている2つのデータ

  1. 新規感染者数20人/日
  2. 病床稼働率20%台以下

この両方が基準を越えていること。

加えて、

  • 感染経路不明者の割合増加
  • 変異株の県内での広がり
  • 近隣と県で感染が拡大している

このようなことを総合的に判断し、第4波が迫っているタイミングで新たな対策を3つ実施するとしました。

群馬県の新たな対策

対策は以下の3つ

  1. 愛郷ぐんまプロジェクト当面中止
  2. GWに向けた呼びかけ
  3. スクリーニング検査拡充

愛郷ぐんまプロジェクト当面中止

愛郷ぐんまプロジェクトは4月29日から当面中止となりました。

愛郷ぐんまプロジェクトは4月29日分から中止となりました。

再開は未定ですが、予算はすでに確保してあるので、再開を前提とした中断です。

「泊まって!応援キャンペーン」4/29(祝)チェックイン分から中止

「日帰りキャンペーン」4/29(祝)ツアー実施分から中止

周知期間を取ったので、キャンセル料の補填は行いません。予約をしている方は速やかにキャンセルをしてください。

GWに向けた呼びかけ

これは、GWの行動に関する県民への要請です。

要請内容は特に通常時と変わりません。どうしても連休中は羽を伸ばしたくなるので、それを我慢してほしいということですね。連休中に爆発的に感染者が増えると、その後が大変厳しくなります。

スクリーニング検査拡充

変異株対策と、高齢者施設での感染拡大防止策の強化です。

変異株スクリーニング検査実施率引き上げ

陽性患者への変異株のスクリーニング検査実施率が現在は30%。厚労省は40%にまで上げることを自治体に求めていますが、群馬県はこれを5月中に50%に引き上げます。

高齢者施設等入所施設の職員に対するスクリーニング検査対象の拡大

当初は警戒度3の伊勢崎市・太田市・大泉町の限定していた、高齢者・障害者入所施設に対するスクリーニング検査を、警戒度に関わらず、中核市を除く全地域に拡大します。

これにより、対象施設は976施設、対象者は約2万2千人に増えます。

Ask知事!

山本一太群馬県知事が、新型コロナウイルス感染症対策を含め、あらゆる質問に答えるYouTube生配信を行います。

興味がある方、聞いてみたいことがある方はこの機会にどうぞ。

配信は tsulunos で実施します。

tsulunos – YouTube

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で館林くらしをフォローしよう!