一兆(板倉町板倉) 地元民で賑わうラーメン屋さん

シェアする

最近、邑楽郡の飲食店によく行きます。これまであまり行ったことがなかったので、新規開拓ですね。板倉町の飲食店もほとんど知らないお店ばかりで身近なのに新鮮なかんじがします。

そんなわけで、今後は邑楽郡のお店にも力を入れていきます。

最初は板倉町のラーメン店『一兆』に行ってみました。地元の方から、それも複数の方からのオススメ店で楽しみです!!

一兆


旧国道354号線を東に向かい、板倉高校を過ぎて少し進んだところの左側に「一兆」の看板が見えたところで細い道を左折したところにお店があります。事前知識が無いとわかりづらいかもしれません。初めて行く時はカーナビを使うのが間違いなくていいでしょう。


店内は座敷席が中心です。客層は地元の家族連れ、地元企業にお勤めの方、近所の現場で仕事をしている職人さん、学校関係者など、ほぼ地元の方です。お店の方との会話からも顔なじみというかんじでした。地域密着のお店なんですね。


メニューを見ると、醤油・塩・味噌のほかにもいろんなラーメンがあります。たまり醤油を使った「田舎ラーメン」と野菜たっぷり「トマトラーメン 2号」が気になります。


ランチメニューです。好きならーめんに付けたいサイドメニューを選んで付けることができます。餃子だけでも3種類のサイドメニューがあります。自由度が高いですね。


基本のラーメンにきざみチャーシュー丼をつけました。けっこうなボリュームですね。


懐かしいビジュアルのラーメンです。具はチャーシューにわかめ、メンマ、ナルト、うずらの卵、それにネギです。昭和に還ったような気分になります。スープの色がこれ以上ないくらい醤油ラーメンらしい色をしています。

スープを啜ってみると、けっこう濃い目の味付けです。しょっぱめですね。甘みはほとんどありません。表現が難しいですが、意外に重めなスープです。

麺はつやつやぷにぷにの平打ち麺です。透明感がありますね。この麺ならいろんなスープと合うと思います。味噌もいいんじゃないかな。

チャーシューはやわらかくておいしいです。


サイドメニューのきざみチャーシュー丼。見た目がシーチキンぽいです。ネギがかかっています。見た目よりご飯の量があってお腹いっぱいです。ごちそうさまでした。


板倉で東毛流の手打ちラーメンをいただきました。独特のスープがおもしろいと思いましたね。他の板倉のラーメン屋さんも訪れてみたくなりました。

一兆
住所
板倉町大字板倉1998
営業時間
11:30-14:00/17:00-21:30
定休日
火曜・第3水曜
関連サイト
ラーメンデータベース
地図

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で館林くらしをフォローしよう!