鬼ひも川の花山うどん(本町二丁目)

シェアする

館林駅前の花山うどんのリニューアル工事が終わったので、行ってきました。

花山うどん


花山うどんは館林駅東口を降りて正面の道をちょっと進むと左手にあります。向かって左が販売店舗、右がうどん店に分かれています。


今日はうどんを食べに来たので右から入ります。


うどん屋さんのほうの店内です。こちらは従来通りですね。2人掛けから6人掛けのテーブル席です。


鬼ひも川のメニューです。冷たいのと温かいのと選べます。さらに「麦豚」と「椎茸」のいずれかの選択です。今日は冷たい「椎茸」を選びました。


館林のうどん店や製麺会社などが活動している「麺のまち『うどんの里館林』 振興会」が取り組んでいる新名物メニュー「釜玉うどん」ももちろんあります。


ランチメニューもあります。「昼御膳セット」に「釜玉御膳セット」。小丼ぶりと飲み物が付きます。


そして鬼ひも川の登場です!分福茶釜をイメージした器に盛られています。


鬼ひも川には「『五代目橋田高明が提案する』鬼ひも川の美味しい食べ方」ガイドが付いています。この通りに食べてみることにします。


「美味しい食べ方 その一」まず、鬼ひも川だけを食べてみます。群馬県産小麦の甘味がたしかによくわかります。とても甘いです。


「美味しい食べ方 その二」次に鬼ひも川と具材を下からよくかきまぜて出汁醤油と絡めて食べます。もちもちでとてもおいしい!


「美味しい食べ方 その三」半分ほど食べたところで、本わさびを入れてまぜて食べます。本わさびを入れることでさっぱりします。レモンをかけるような効果がありますが、レモンのように酸っぱくなく、このわさび自体もそんなに辛くありません。味わいを壊すこと無く風味の変化をつけているんですね。これは良いです。


おいしくいただき満腹になったところで、お隣の販売店舗に移動します。こちらの店舗はリニューアルでとてもきれいで明るくなりました!


奥の棚には花山うどん以外の地元のお菓子なども置いてあります。駅を利用する方のおみやげスポットです。右手に見えるのはうどん店です。両者はガラス張りで双方がよく見えるようになっています。うどん店のほうから販売店舗を見ると鮮やかです。とてもいいかんじになったと思います。


9月いっぱいは「リニューアルOPEN記念 トリプルフェア」を開催しています。


私はお目当てのかりんとうを買いました。花山うどんがうどんに使用している国産小麦だけで作ったかりんとうです。右から「甘いだし醤油」「焼きまんじゅう」「黒糖きな粉」の3種類あります。これがサクサクでおいしいです。


ふつうのかりんとうよりも小麦感が強いです。ふつうのかりんとうは砂糖とあぶらまみれになっていますが、このかりんとうは甘すぎず、あまりあぶらっぽくなくて、食感がとてもよいです。これはちょっとしたおみやげにもオススメです!!


銀座店も出店して元気いっぱいの花山うどんですが、やっぱりいいですね。鉄道で館林に来る方にはオススメします。

住所
館林市本町2-3-48
営業時間
お食事処11:00~15:00(鬼ひも川は平日13:00から土・祝は11:00から) 直売所9:00〜19:00
定休日
お食事処 毎週日曜日と毎月最終土曜日 直売所 1月1日
関連サイト
花山うどん公式サイト 花山うどん直営通販 楽天市場店
地図

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で館林くらしをフォローしよう!