【更新】群馬県、館林市を含む群馬県東部5市の飲食店に営業時間短縮要請

シェアする

群馬県は、県内で新型コロナウイルス感染者数が特に増えている県東部の太田、伊勢崎、桐生、みどり、館林の5市の一部業種の飲食店などに対し、特別措置法に基づき営業時間の短縮要請することを決めました。

要請内容は以下のとおりです。

なお、12月17日発表の地域追加については別記事で公開しています。

医療崩壊が現実味を帯びる中、群馬県コロナ警戒度を最高の「4」に引き上げ 大泉町、邑楽町への時短要請を追加
12月17日、山本一太群馬県知事が緊急記者会見を行いました。 20201217山本一太群馬県知事臨時記者会見 - YouTube ...

要請の対象となる地域

太田市、桐生市、伊勢崎市、みどり市、館林市の5市

要請の期間

12月15日(火)〜28日(月)までの2週間

要請対象の業種

要請対象は以下の3業種

  • スナックなどの接待を伴う飲食店
  • 居酒屋などの酒類を提供する飲食店
  • カラオケ店

営業自粛要請を行う時間帯

夜10時から午前5時まで

感染状況の推移を見ながら、対象の市町村を随時追加する

その場合も、一定の周知期間を確保した上で、適用日から2週間の要請を行う

つまり、新規の時短要請を行う場合も、今回のケースと同様に行うということですね。

協力金

17日追記。国からの補助額に変更があり、1日あたりの協力金が2万円から4万円に引き上げられました。

それに伴い、16日からの協力金は1日4万円に増額されます。よって「1店舗あたり54万円」となります。(15日から全期間の協力が条件)

現時点で「1店舗あたり28万円」の支給する考え。これは県議会の議決をもって正式に決定されます。

協力金支給の条件

  1. 業界ごとの感染拡大防止のためのガイドラインを遵守していること
  2. 対象期間全てを通して、営業時間短縮に協力すること
  3. 普段から夜10時以降に営業していること

協力金の申請時期や方法などについては、現在調整中。

対象となる事業者の方は、期間中に営業時間短縮を行った事実が確認できるよう、店頭や、店舗HPなどでの営業時間に係る掲示についての、記録をしてほしいとのこと。

「Go To イート」食事券は販売停止

「Go To イート」食事券の販売は12月15日〜28日の期間は全県で販売停止となります。

販売停止期間が1月11日まで延長されました。(12月17日追記)

関連リンク

群馬県 営業時間短縮を要請|NHK 首都圏のニュース

群馬県東部(東毛地域)の5つの市を対象とした営業時間短縮の要請を決定〜期間は2週間とする方針。 | 山本一太オフィシャルブログ

群馬県内5市の飲食店営業 午後10時以降の自粛要請 15日から28日まで 協力金28万円を支給 上毛新聞

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で館林くらしをフォローしよう!

シェアする

ブログをメールで購読

メールアドレスを登録すると、新着記事が公開されたときにメールでお知らせします。