『アート遊覧紀行〜自然と人間をめぐって〜』館林美術館で4月28日より開催

シェアする

館林美術館で4月28日(土)より『アート遊覧紀行〜自然と人間をめぐって〜』が始まります。

アート遊覧紀行〜自然と人間をめぐって〜

内容は

群馬県立館林美術館は2001年の開館以来「自然と人間の関わり」をテーマとした作品収集や展覧会活動を行ってきました。群馬県で2館目の美術館として、豊かな自然に囲まれた環境のなか、特徴を持った美術館となることを目指して収集した油彩、彫刻、版画などのコレクションは現在940点ほどを数え、近現代美術のユニークな作品が揃っています。 今回は、当館のコレクションを存分にご覧いただく機会として、200点を超える作品を「人」「動物」「自然」の3つの具体的なモチーフに分けて紹介します。

引用:群馬県立館林美術館_アート遊覧紀行

館林美術館のコレクションからの展示ということですね。

展示会概要

会場

群馬県立館林美術館(館林市日向町2003)

会期

2018年4月28日(土)〜6月24日(日)
※休館日 月曜日(ただし4月30日は開催)

時間

9:30〜17:00 ※入館は16:30まで

観覧料

一般 410(320)円、大高生 200(160)円    ※( ) 内は20名以上の団体割引料金
※中学生以下、障害者手帳等をお持ちの方とその介護者1名は無料。
※震災で避難されてきた方は無料で観覧できますので、受付でお申し出ください。

会期中のイベントなど

ワークショップ 「自然の感覚を絵にしよう」

要申込・先着24名・参加費500円

繊細な色彩による絵画を描く画家・金田実生氏に学び、感じ取った自然を様々な画材を使って絵に描きます。

日時:5月26日(土) 13:00-16:00
講師:金田実生氏(画家・出品作家)
会場:別館ワークショップ室
申込方法:4/28(土)より受付開始。電話、FAXまたは直接来館にて
申込締切:定員になり次第締切

アートカードで遊ぼう

※ 申込不要・無料

館林美術館の収蔵作品画像をカードにした「アートカード」を使って、ゲームをしながら作品に親しみ、鑑賞の基本を体験します。
小中学生は、同時開催の「たてび☆キッズウォーク」に参加することで、より鑑賞が深まります。

日時:5/5(土・祝)、6/16(土) 各日13:00-16:00(15:45受付終了)
会場:講堂
対象:小学生〜一般

学芸員による作品解説会

※申込不要・要観覧料

展覧会担当学芸員による解説を聞きながら、作品を鑑賞します。

日時:5/12(土)、5/30(水)、6/9(土) 各日14:00-(約40分)
会場:展示室

たてび☆びじゅつ部「プラ板でポンポンの動物ストラップをつくろう」

※申込不要・先着100名・無料

誰でも気軽に参加できる造形体験コーナーです。今回は館林美術館のコレクションを紹介する展覧会にちなみ、熱を加えると縮んで固まるプラスチック板を使って、ポンポンの動物作品などをモチーフにしたオリジナルストラップを作ります。
作品はお持ち帰りいただけます。

日時:5/20(日)、6/10(日) 各日13:30-15:30(15:15受付終了)
※混み合う場合は開始時刻に開場前にて整理券を配布します。
対象:幼児~一般(小学3年生以下は保護者同伴)
会場:別館ワークショップ室

たてび☆キッズウォーク

※申込不要・無料・参加記念品付き

子どもたちが楽しみながら作品鑑賞できるイベントです。 ワークシートを使ったクイズやゲームをしながら、自分のペースで自由に展示室を探検します。

日時:5/5(土・祝)、6/16(土) 各日13:00-16:00
※開催時間中、自由な時間に参加できます。
対象:小中学生
受付場所:エントランスホール

ポンポン・ツアー

※申込不要・無料・参加記念品付き

当館人気のフランソワ・ポンポンの彫刻や公開資料を学芸員の詳しい解説付きでご覧頂くスペシャル・ツアーです。展示室や別館「彫刻家のアトリエ」をまわりながら、ポンポンの知られざる秘密に迫ります。

日時: 6/3(日) 14:00-14:30
会場:別館「彫刻家のアトリエ」・展示室

アート遊覧紀行〜自然と人間をめぐって〜
会場
群馬県立館林美術館(館林市日向町2003)
関連サイト
群馬県立館林美術館公式サイト 群馬県立館林美術館Facebook
地図

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で館林くらしをフォローしよう!

スポンサーリンク
rectangleL
rectangleL

シェアする