『カルメン・マキ デラシネライブシリーズ2019』館林公演決定!!

シェアする

昭和の歌姫『カルメン・マキ』の館林公演が2019年2月24日開催決定です!!

会場は松原街道

『カルメン・マキ デラシネライブシリーズ2019』館林公演

松原街道からのメッセージ

昨年10月、41年ぶりに奇跡の復活をした「カルメン・マキ&OZ」
その歌姫『カルメン・マキ』がデラシネライブシリーズ 2019の一環として群馬県館林での公演が決定致しました!
北関東では唯一となるステージ、どうぞご期待下さい

開催詳細

日程 2019年2月24日(日)

時間 開場16:00 / 開演17:00

会場 Live cafe 松原街道(群馬県館林市松原2-13-15)  TEL 0276-74-7878

出演

  • カルメン・マキ(vo、鳴り物)
  • 丹波博幸(g)
  • 吉田達二(b)
  • 上原ユカリ裕(d)

料金 前売¥3,500 / 当日¥4,000 (税込・ 別途ドリンク代要)

お問い合わせ・予約 松原街道店舗オーナー 鈴木美好さんまで(TEL 090-7231-0996)

注意事項

  • チケット予約の際は携帯電話へお願い致します。
  • こちらの携帯番号のショートメールでもご予約承ります。
  • 入場順はご予約及びチケット販売の受付番号順にてのご案内となります。
  • 駐車場も店舗の前の他に、超広い駐車場あり余裕で駐車可能ですので、駐車料金もかからずに安心してお車でお出で頂けます。

関連リンク

地図

『カルメン・マキ』 プロフィール

1951年 神奈川県鎌倉市出身。父方の祖父はアイルランド人、祖母はユダヤ系ポーランド人、母は日本人。生後間もなく東京に移住。
(ちなみに1993年に帰化、日本国籍を取得するまでの本名はMAKI ANNETTE LOVELACE。一部で流れている情報は誤りです)

1968年 都内の某お嬢様系ミッションスクールを高校2年で中退。この頃、新宿や渋谷のJAZZ喫茶やディスコに入り浸るも、故・寺山修司主宰の「演劇実験室 天井桟敷」の「青髭」公演にいたく感銘し即入団。その年の夏、新宿厚生年金会館にて「書を捨てよ、町へ出よう」で初舞台を踏む。

1969年 発足したばかりのCBS・ソニーレコードよりデビューシングル「時には母のない子のように」で歌手デビュー(ディレクターは後に山口百恵や郷ひろみを育てた酒井政利氏)。この年「第20回 NHK紅白歌合戦」出演。

1972年 「カルメン・マキ&OZ」結成。75年、ファーストアルバム「カルメン・マキ&OZ」とシングル「午前1時のスケッチ」を発表。

1975年 来日した「ジェフ・べック・グループ」、「グランドファンクレイルロード」のサポーティングアクトを務め、ツアーにも同行する。

1977年 ライブ盤を含む4枚のアルバムと3枚のシングルを残して解散。その後も「カルメン・マキ&LAFF」「カルメン・マキ&MOSES」等のバンド活動やソロを通じ日本における女性ロックシンガーの第一人者として活躍する。

1979年 数回の渡米後、カーマイン・アピスのプロデュース、ドラム参加による『ナイト・ストーカー』を発表。

1980年 「カルメン・マキ&LAFF」結成、後に「カルメン・マキ&5X」と改め1983年の解散までに4枚のアルバムを残す。

1993年 久保田真琴プロデュースによる、子守唄をベースとしたアルバム「MOON SONGS」発表。

1994年 「MOSES」結成。翌年「VOICE OF MOSES」リリース。

1996年 元OZのギタリスト春日博文プロデュース・参加による「UNISON」発表。

1998年 後藤次利、笹路正徳、春日博文、朝本浩文、辻仁成、木暮武彦、の6人をプロデューサーに迎え「SPLIT」を発表。しかし長年に渡っての商業ベースにおける歌手活動についての疑問や不満が拭い切れず、所属していたレコード会社、プロダクションを離れフリーとなる。

2000年 来日したカーマイン・アピスとティム・ボカートにCharが加わった「BBA」ならぬ「BBC」のゲストヴォーカルとしてツアーに参加。東京武道館、名古屋、大阪、京都、神戸の各公演に同行する。

2001年以降は、ロックやフォークに捉われずジャンルを超えた新機軸を開発すべく様々なフィールドで活躍するミュージシャン達とのコラボレーションを精力的に展開している。

2001年 鬼怒無月、勝井祐二、芳垣安洋、松永義孝、と「SALMANDRE」結成。平行して、桜井芳樹、松永孝義、リクオ等とアコースティックスタイルの活動も行う。

2003年 鬼怒無月・勝井祐二・芳垣安洋・松永孝義とのユニットでアルバム「SALAMANDRE」を発表。

2004年 「SALAMANDRE」のメンバーを含む、吉川忠英・丸山ももたろうをフィーチャ―したアコースティックアルバム「Another Way」を発表。

2007年 板橋文夫・太田惠資とのトリオでのライブ盤「時には母のない子のように2007」(於:浅草「アサヒ・アート・スクエア」)を発表。

2008年 初の全編詩の朗読によるアルバム「白い月」(水城雄(p))をアイ文庫より発表。

2009年 歌手生活40周年を記念して、太田惠資・黒田京子とのトリオに加え、ゲストに佐藤芳明(アコーディオン)吉見征樹(タブラ)を迎えたアルバム「ペルソナ」をジパングレーベルよりリリース。

2010年 舞台「星の王子さま」出演(10月13日)。

2011年 映画「探偵はBARにいる」出演。12月、東京都渋谷区スペース・ゼロで、デビューから約42年ぶりに本格的なリサイタルを開き好評を博す。

2012年 4月、歌手人生43年目にして初のセルフ・プロデュース・アルバム「FROM THE BOTTOM」「カルメン・マキ/ブルース・クリエイション」発表。

2014年 11月25日、恵比寿LIQUIDROOMにて「カルメン・マキ45周年記念VOL.1 〜ONE NIGHT STAND〜 《ROCK SIDE》」を行う。

2015年 2月6日・7日、ザムザ阿佐ヶ谷にて「カルメン・マキ45周年記念VOL.2《アングラSIDE》2days」を行う。

2016年 1月27日、45周年記念ライブをまとめた映像作品「CARMEN MAKI 45th Anniv. Live ~Rock Side & アングラSide~」をZICCA RECORDSよりリリース。

2017年 3月22日、7inchアナログ盤、「デラシネ」c/w「望みのない恋~挿入朗読詩:波の音」をgalaboxよりリリース。

2019年 2月24日、群馬県館林「松原街道」にて北関東唯一のライブが決定。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で館林くらしをフォローしよう!

スポンサーリンク
rectangleL
rectangleL

シェアする