二郎系の新店『麺屋810』7月1日オープン!!

シェアする

Twitterで情報をいただきました。

大泉町にラーメン店『麺屋810』が2020年7月1日オープンしました!!

行ってきたので、レポートします。

麺屋810

『麺屋810(はちいちまる)』は御正作公園やいずみの杜のすぐちかくにあります。

左の建物に『麺屋810』があります。奥に見えるのはいずみの杜と御正作公園です。館林から行く場合は、国道354号線を西に向かい、JA直売所のある交差点を左斜めに進み矢島大泉線を進むか、国道354号線を直進し「東小泉駅入口」交差点を左折、いずみの杜の交差点を右折し、最初の信号を右折するとお店の前に出ます。

鉄道で行く場合は東武小泉線東小泉駅が最寄り駅です。徒歩10分ほどで着くと思います。


『麺屋810』です。新型コロナウイルス対策で窓が開いています。網戸があるので虫は大丈夫でしょう。


メニューです。基本は「810らーめん」二郎系ですね。それに「810ライス」があります。こちらは9月から提供予定だそうです。『立川マシマシ』のマシライスみたいな感じなのかな?


食券制です。味のバリエーションは「塩」と「みそ」があります。これらは週替りで提供されます。今週は「塩ラーメン」があります。ご飯物のサイドメニューで「ねぎじゃこライス」「あぶライス」があります。

店内はカウンター席のみです。お店に入った時はほぼ満席でした。お客さんが帰ると、テーブルとイスをマメに除菌されていました。テーブルの除菌はやっているお店が多いでしょうが、イスまでやっているところは珍しいですね。総じて感染症はきっちりされているようで安心しました。


「810ラーメン」にしました。麺は基本が200g。中盛300g、大盛400gが選べますが、中盛300gは追加料金無しで選べます。基本200gもけっこうな量なので少なめもできます。

ニンニク、アブラ、野菜の量を選べます。食券を渡す時に聞かれるので希望を伝えましょう。刻み生姜のトッピングもできるようです。


810ラーメン(麺200g)です!!200gでもやっぱり多いなあ😆ニンニクを入れた以外は標準の量です。野菜はほぼ(全部?)もやしです。標準でもけっこう盛られます。くれぐれも食べられる分だけ注文しましょう。

スープは醤油ベースでけっこう甘みが強いです。二郎系にしてはサラッとしているほうかなと思いますが、それでも館林や佐野の伝統的な醤油ラーメンと比べるとずっと濃いです。この甘みがもやしとよく合いますね。


麺は極太ストレート麺。もやしと絡めて食べるととてもおいしいです。


チャーシューは大きめなのが3枚?けっこうなボリュームです。脂少なめのお肉で、スープに負けない存在感があります。

麺200g、どうにか完食しました😅

お店を出る時にオープン記念で「味玉無料券」をいただきました。ごちそうさまでした!!

二郎系のお店は東毛地区では太田には何軒かありますが、それ以外では初(?)かもしれません。店員さんは親切で優しい雰囲気のお店なので、二郎系に行ったことが無い方でも行きやすいお店だと思います。

麺屋810(はちいちまる)
住所
群馬県邑楽郡大泉町朝日3丁目3-26
営業時間
11:00-14:00 18:00-21:00
定休日
未定
関連サイト
麺屋810 Twitter 麺屋810 Instagram
地図

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で館林くらしをフォローしよう!