『地鶏らーめん ちきん』がオープン!!

シェアする

世の中、コロナ一色のような状況になっています。どの業種も大変ですが、特に飲食店は大きな影響を受けています。新規オープンを予定していたお店が何軒かオープンを延期したという情報も入っています。

そんな中で、オープンしたお店もあります。その一つが今回紹介する『地鶏らーめん ちきん』です。

オープン日は2020年4月1日、お店は太田市にあります。

地鶏らーめん ちきん


館林から行く場合、国道122号線を太田に向かい、県道2号線(前橋館林線)に入り、太田駅北側を通って西に進みます。新田大根町交差点を右折し1.5kmほど進むと右手にお店があります。北関東自動車道から行く場合は、太田藪塚ICを降りて、右折し1.5kmほど進むと左手にお店があります。


駐車場はお店の前に2台分とお店の向かいに35台分あります。駐車場で困ることは無いですね。


ではお店に入ります。先程の写真に「地鶏ラーメン研究会」の文字がありましたが、これはラーメン屋の開業塾みたいなところなのですが、実は『地鶏らーめん ちきん』の店主さんは、以前桐生市で『上州豚骨らーめん ぼーん』というお店をされていたそうです。しかも人気店だったそうで、お店を移転するタイミングで心機一転とんこつから地鶏に転向されたということなんでしょうね。


食券制です。これが券売機兼メニューということになります。地鶏の塩と醤油、ラーメンとつけ麺があります。つけ麺はまだ提供していないようです。右手に「今日の平日ランチ」とあります。「A.漬けまぐろ丼 B.まぐろ丼」から選べます。サイドメニュー的なものですが、まぐろというのはラーメン店では珍しいですよね。しかも海無し県で。店主さんのご実家がまぐろ卸問屋とのことで、よく見ると「まぐろカマ塩焼き」などのメニューもあります。まだオープンしたてなのでまだ提供はされていないようですが、ラーメンとまぐろのセットメニューを展開していくみたいです。おもしろいなあ。


というわけで、まずはまぐろから頂きます。漬けまぐろ丼!!いやーきれいなまぐろですねえ。まぐろのボリュームたっぷりで250円とは思えないおいしさです。


そして、地鶏塩ラーメン。とてもまろやかな地鶏スープに、自家製麺がとてもよく合います。しょっぱくないです。まったく尖ったところがなくマイルドです。


マイルドなスープにウェーブのかかった自家製麺がとてもよく合います。口の中で軽やかなんですね。ストレート麺や平打ち麺とは違う喉越しの良さが楽しめます。麵好きとしてはこの麺はとてもいいと思いました。


チャーシュー。この写真だとわかりにくいですが、厚みがそこそこあります。まったくぱさついたところがなくしっとりしておいしいです。


鶏団子も入ってました。これは期間限定だそうです。こりっと食感がいいですね。

ごちそうさまでした。

かなりのレベルの地鶏ラーメンで来たかいがありました。大変な時期にオープンされましたが、がんばって営業を続けていってほしいと思います。ラーメン好きの方はぜひ行ってみてください。まぐろ好きな人もどうぞ😁

地鶏らーめん ちきん
住所
群馬県太田市新田大町664
営業時間
11:00-15:00 (L.O.14:30)
定休日
不定休(お店のTwitterで確認してください)
関連サイト
Twitter
地図

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で館林くらしをフォローしよう!