館林藩が舞台の時代小説『遥かなる城沼』文庫版が発売!

シェアする

2014年に出版された館林藩を舞台とした歴史小説『遥かなる城沼』の文庫版が1月8日に発売されました。

文庫版の解説を書かれた立川談四楼さんのツイートです。

遥かなる城沼


文真堂書店 瀬戸谷店で購入しました。レジのところにPOPがありました。ちなみに向かいのワンダーグーにはありませんでした。


まだ読み始めたばかりですが、言葉遣いはほぼ現代語なのでとっつきやすいと思います。

人の絆の大切さを描いた書き下ろし時代小説

館林藩の武士である村瀬家の長男惣一郎は、弟や妹、友人と塾や道場通いを続けていたが、藩校に行くことになった弟に幼馴染みの寿太郎が乱暴し、惣一郎から離れていった。父源吾は、罪人を逃がしたことで家禄を減らされていたが、何か事情がありそうだった。そのうち成長した惣一郎は、病に倒れた父に代わって藩の仕事を行うようになる。
そんなある日、筆頭家老の岸田が殺された。表向きは、病死とされた。それは藩を二分しての内紛が背景にあり、源吾は牢破りの件もその派閥争いと関わりがあると、真相を語ったのだった。
やがて、浜田藩への国替えが決まる。嫁を迎え子どもの生まれた惣一郎は、家族とともに、主君の松平斉厚に従った。そこに故郷に帰りたいと、寿太郎からの手紙が届く――。  家族や友情の絆の大切さを歌い上げた、著者久々の書き下ろし時代小説。

書籍の内容:遙かなる城沼 | 小学館

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で館林くらしをフォローしよう!

スポンサーリンク
rectangleL
rectangleL

シェアする