茂林寺前駅が改修工事中

シェアする

今日は2023年11月27日です。

東武伊勢崎線茂林寺前駅で工事をしています。

茂林寺前駅

茂林寺前駅に来ましたが、駅舎が見えません。

なかなか大掛かりな工事をしています。

正面。たぬき像は見えるようになっています。わざわざこうしているのかもしれません。おもしろいな。

もともとの茂林寺前駅です。(2022年6月撮影)

この駅舎はどうなるのでしょう?

施工は河本工業です。

改札の中も養生の幕で覆われてます。

内壁の張替えでしょうか。天井も剥がしています。

外壁も剥がされていました。

駅左横奥に河本工業の詰め所があり、そこに労災保険関係成立票が掲示されていました。

拡大します。事業の期間は令和6年4月30日までとなっています。工事はまだ5ヶ月ほど続くようです

さて、この工事は、改修なのか建て替えなのか、気になるところなので、駅員さんに聞こうとしたところ、

Oh…

館林駅で聞きました。

結論から言うと、駅舎の改修工事です。建物は維持されます。なので外観はそれほど変わらないと思います。ただし、張替えなどをするので、全く同じではなくなりそうです。

それと、質問しませんでしたけど、たぬき像はそのまま残るんじゃないかと思います。館林はたぬきのまちです。

工事が進んだところで、また見に行きたいと思います。

茂林寺前駅について

1927年(昭和2年)4月1日に開業した駅です。隣の館林駅や川俣駅の開業が1907年で、それから20年後に開業しています。比較的新しい駅ということになりますね。

リンク

茂林寺前駅|東武鉄道公式サイト

茂林寺前駅 – Wikipedia

地図

シェアする

ブログをメールで購読

メールアドレスを登録すると、新着記事が公開されたときにメールでお知らせします。