続・羽生市122号沿いで進行中の商業施設群開発状況を見てきた

シェアする

羽生市内の国道122号沿いで開発中の商業施設群(岩瀬土地区画整理事業)について、3月の時点での開発状況について記事にしましたが、7月5日にまた現地を見てきたので、進捗状況などをレポートします。

前回のおさらい

まずは前回の記事のおさらいから。


この地図は前回の記事で使用したものです。

真ん中に通っている太い道路が国道122号線です。地図上(北)が館林方面です。

大まかに見て、①のあたりにニトリが建設中です。②のあたりにカインズが建設中、③のあたりにベルクのショッピングセンター(フォルテ)ができます。いずれも羽生都市計画事業岩瀬土地区画整理事業の区画内になります。

というところまでが前回の記事内容です。

今回はそれから4ヶ月後経って、どう変化したか、建設状況はどの程度進んでいるか、オープン日はいつか?などわかった限りレポートしていきます。

ニトリ羽生店

まずニトリ羽生店から見ていきます。(地図①)


ニトリ羽生店です。手前になにやら建物を建築中ですが、奥に見える店舗本体は完成しているように見えます。


もう営業中のようにも見えるくらい、完成していますね。


ということで、『ニトリ羽生店』は2020年7月22日オープンです!


国道122号沿いをさらに南に進みます。道路はまだまだ工事中というかんじでした。奥に「CAINZ」の看板のある建物が見えます。

カインズ羽生店


カインズ羽生店です。(地図②)

まだ完成までには時間がかかりそうですね。


小松台交差点を右折し、南側から見たところです。この建設中の建物もカインズの一部と思われます。


さらに進むと、GSの看板が見えます。GSも併設されるようですね。

カインズ公式求人サイトによると、カインズ羽生店のオープンは今秋です。

カインズ羽生店(仮称) | オープニングメンバー募集 公式採用サイト


このGSの前の整備中の道路を越えるとベルクのショッピングセンターの敷地になります。

ベルク フォルテ羽生店(フォルテ羽生岩瀬店)


ベルクの敷地を見ていきます。まずこの建物が目に入ってきました。ファミレスっぽいですね。このベルクはベルク単体ではなく、複数の店舗の集合体となります(フォルテ羽生岩瀬店)。


オープニングスタッフと地元野菜生産者募集の看板がありました。今秋開店予定と書かれています。

ベルク公式求人サイトにも求人が出ています。

■ベルク フォルテ羽生店 【パート】スーパーの青果スタッフの募集詳細


こうしてみると、ベルクの開発状況はカインズ以上に途上というかんじですね。右側手前。その奥に見える黄色い建物はドラッグストアっぽいですね。

さらに進みます。脇に入る道路が工事中で通れなくなっています。なので、ぐるっと回り込みます。


地図④の側から見たところです。右手がカインズ、左手がベルクです。


カインズ。


ベルク。

ということで、ニトリは7月22日オープン、カインズとベルクは今秋オープンということがわかりました。

ダイワロイヤルが開発の商業施設

次は前回の記事には無かった情報です。


ニトリの隣の空き地です。(地図⑤)


向こうに羽生第一高校が見えます。ここにダイワロイヤルが商業施設を開発するようです。


地上1階の物品販売業を営む店舗ができるとあります。建築主はダイワロイヤル株式会社です。この会社はどこかで見たと思っていたら、大店立地法新設届出情報に載っていました。

大店立地法新設届出情報 2019年12月 | 一般社団法人 日本ショッピングセンター協会

「仮称)羽生市岩瀬複合商業施設計画」の建物設置者名に「ニトリ、ダイワロイヤル」とあります。

まだ着工前なので、どんなお店ができるのかはわかりませんが、また秋前にでも現地調査したいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で館林くらしをフォローしよう!